All about Photonics

Business/Market 詳細

医療ハイパースペクトルイメージング市場、2030年に4億ドル

December, 1, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「医療ハイパースペクトルイメージング市場、アプリケーション、製品およびエンドユーザ、2021-2030グローバル機会分析と産業予測」によると、医療ハイパースペクトルイメージング市場規模は、2020年に2億7210万ドル、2021-2030年にCAGR、4.10%成長で2030年に4億ドルに達する見込である。

ハイパースペクトルイメージングは、新しい光学イメージング技術。これは、電磁スペクトル下の特定領域およびプロセスの情報を収集し、強化された画像を生成する。この技術には、食品から農業、ヘルスケアまで非常に幅広いアプリケーションがある。医療アプリケーションでは新興技術。画像誘導手術や病気診断など。その分解スペクトルイメージング機能により医者は、組織の生理学、その成分を可視化することができる。ハイパースペクトルイメージングは、光散乱と反射を含む。これは、3D画像を生成することで内部構造の特性を可視化する際に有用である。この技術は、画像誘導外科手術分野で画期的な進歩である。

ハイパースペクトルイメージングは、成長市場である。外科手術の正確さのために需要が増加しているからである。市場成長の主要な原動力は、ハイパースペクトル画像分析法とカメラの技術進歩を含む。高い投資コストと、これらのデバイスをサポートする医療インフラストラクチャ不足が市場の成長を制約している。
ガン、心臓血管&肝臓病、歯科疾患、切断手術患者、先天性欠損症の患者数の増加、老齢人口の急増が、医療ハイパースペクトルイメージング市場の成長を後押ししている。例えば、国立ガン研究所によると、2020年に推定1,806,590のガン新患が米国で診断され、606,520が死亡。

レポートは、ハイパースペクトルイメージングシステム市場をアプリケーション、エンドユーザ、地域に分けている。アプリケーションでは、市場は、医療診断、画像誘導手術などに分類している。製品タイプでは市場は、カメラと付属品に二分される。さらに、エンドユーザセグメントには、診断センタ、病院、研究センタが含まれる。地域では、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAで分析されている。

調査の要点
・アプリケーションでは、世界の医療ハイパースペクトルイメージング市場で、画像誘導手術セグメントが2020年に最大シェア。
・エンドユーザでは、診断センタセグメントが、2020年、最大市場シェア、予測期間もその優位性は続くと見られている。
・地域では、北米が最高成長率と予測されており、予測期間にCAGR 3.50%の見込。