All about Photonics

Business/Market 詳細

光学セラミックス市場、2030年までに6億340万ドル

November, 29, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「光学セラミックス市場、材料、最終用途、2021-2030グローバル機会分析と産業予測」によると、市場規模は、2020年に1億8930万ドル、2021-2030年にCAGR 12.4%成長で、2030年までに6億340万ドルに達する見込である。

光学セラミックは、長寿命の結晶性高機能産業材料。広範な検出向け適正コスト、大型材料としてよく知られている。光学セラミックスは、金属、ガラス、プラスチックなど多くの材料を急速に置き換えつつある。光学、航空宇宙、軍事を含む多様な分野で利用可能である。

光学セラミックス市場は、大きな成長が見込まれている。広範囲の検出向け適正コスト、大型材料の製造可能性のためである。ガラス、金属、プラスチックなど他の製品の代替が、そのような製品のさらなる需要増となった。しかし、これらの製品の高コストが、光学セラミックス市場の成長を妨げている。とは言え、CRTやレーザなど幅広いアプリケーションへの関与が、世界的に適切なセラミックスの成長にチャンスとなっている。

光学セラミックス世界市場は、材料、最終用途、地域に分けられている。材料では、市場は、サファイア、酸窒化アルミニウム、スピネル、イットリウム・アルミニウム・ガーネット(YAG)などに分けられている。最終用途では、オプティクス&オプトエレクトロニクス、航空宇宙&防衛およびセキュリティ、エネルギーなどに分けられている。地域では、市場は、北米、ヨーロッパ、APACとLAMEAに分けられている。

材料では、サファイアセグメントの市場シェアが大きく、際立つ成長で、予測期間に同じ状態が続く見込である。

最終用途では、オプティクス&オプトエレクトロニクスセグメントが、市場で大きなシェアを占める見込である。優れた機械的、光学的特性による光学セラミックス高利用率のためである。

地域では、APACが大きなシェアを維持すると予測されている。同地域の光学防衛支出と結びついて、防衛産業における高額セラミックスの存在と結びついている。

調査の要点
・地域では、APACが予測期間に収益が最高のCAGR 13.7%成長と予測されている。
・最終用途では、オプティクス&オプトエレクトロニクスセグメントが、2020年に最大市場シェア。
・材料では、サファイアセグメントが2020年に最高シェアだった。