All about Photonics

Business/Market 詳細

3D計測市場、2030年までに196億1000万ドル

November, 25, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「3D計測市場、製品、アプリケーション、エンドユーザ、2020-2030年のグローバル機会分析と産業予測」によると、世界の3D計測市場規模は、2020年に87億7000万ドル、予測期間にCAGR 9.2%成長で2030年に196億1000万ドルに達する見込である。APACが、予測期間に3D計測市場の第1貢献者、それにLAMEAとヨーロッパか続く。

3D計測は、フルサイクル計測とデータ取得システムであり、対象物の完全情報をデジタルフォーマットで取得する際に有用である。航空宇宙&防衛、自動車、コンシューマエレクトロニクス&医療などの産業で使われる。

世界の3D計測市場の成長は、世界中で増加を続ける自動車産業、製造で品質制御重視などの要因が後押ししている。加えて、エレクトロニクス製造会社による生産性向上要求の激増が、市場全体の成長の原動力。しかし、簡素なソフトウエアソリューションの欠如が、グローバル産業の成長にとって主要な成長阻害となっている。対照的に、Industry 4.0要求激増、航空産業の大きな成長が、3D計測産業に利益をもたらすと予測されている。

さらに、開発途上諸国で3D計測製品の普及率が高くなる傾向がある、特に産業および自動車分野である。これが、市場の成長を促進する見込である。Industry 4.0要求の急増などの要素が市場の成長を加速する。

世界の3D計測市場は、製品、アプリケーション、エンドユーザ、地域に分けられている。製品では、市場は、三次元測定機、光デジタイザ&スキャナ、自動光学検査、ビデオ計測機などに分類されている。アプリケーションでは、市場は品質制御&検査、リバースエンジニアリング、仮想シミュレーションなどに分類されている。エンドユーザベースでは、エレクトロニクス、建築&建設、航空宇宙&防衛、産業、自動車などに分類されている。

地域では、3D計測市場トレンドは、北米、ヨーロッパ、APACおよびLAMEAで分析されている。2020年、北米が最大収益だった。しかし、2020-2030年、APAC市場が、他の地域と比較して成長が速いと予測されている。これは、インド、中国、日本、台湾、韓国などの諸国からの需要増によるものである。

COVID-19の影響
 COVID-19パンデミックは、エレクトロニクスに影響を及ぼし、製造工場が止まった。これにより、これらの産業のエレクトロニクスと半導体需要が増加。その主な影響には、ヨーロッパ中で製造の大規模な中断、中国部品輸出の中断が含まれており、これが3D計測市場に悪影響をもたらしている。

調査の要点
・品質制御&検査分野が主要なアプリケーション、これに続くのリバースエンジニアリング。
・APACと北米を合わせると、2020年3D計測市場シェアの62%を超える。
・インドは、予測期間に最速成長が見込まれている。
・USは、2020年、北米3D計測市場の約78%を占め、主要なシェアホールダ。
・製品では、2020年、三次元計測機が最高収益を生み出した。しかし、自動車光学検査分野が今後、最高成長率となる見込である。
・地域では、3D計測市場は、北米が優勢だったが、今後はAPACが大きく成長すると予測されている。