All about Photonics

Business/Market 詳細

ワイヤ/ケーブル材料世界市場は2019年に2974億ドル

July, 30, 2014, Wellesley--BCCリサーチ(BCC Research)は、「ワイヤとケーブル:材料、技術、世界市場」レポートを発表した。ワイヤ/ケーブル材料世界市場は、CAGR 7.7%で成長して、2019年には2974億ドルに達する見込だ。テレコムカテゴリは、データの最適化やマネージメント需要の伸びが原動力となって、CAGR 8.5%で成長する。
 ワイヤ/ケーブル材料市場は、2つのカテゴリに分けられている。電力ケーブルと電力業界で使用されるケーブル。電力ケーブルは市場全体の最大セグメントであり、CAGR 7.5%で成長して、2019年には2197億ドルに達する。
 テレコム分野は、2013年に470億ドルだったが、2019年には約780億ドルに急成長する見込だ。伝統的に、情報、通信と技術(ICT)市場に注力してきたが、このセグメントでは、産業、エネルギー、コンシューマエレクトロニクスを含む新しい領域が注目を集め始めている。
 BCCの先端材料アナリスト、Kaustubha Parkhi氏は、「通信市場では、成長を後押ししているのは広帯域とデータリッチ的な、ワイヤレスやワイヤライン通信の性格だ。このような通信方式は、バックエンドを強化することでサポートしなければならない。つまり、バックボーンやメトロレベルでパイプを一層太くするということだ。BCCリサーチは、メタルよりも遙かに大容量のデータを伝送できる光ファイバが、ますます主流になり、通信ケーブルの成長を促進すると予測している」とコメントしている。