All about Photonics

Business/Market 詳細

航空イメージング市場、2030年に85億2000万ドル

November, 18, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「航空イメージング市場、アプリケーション、エンドユーザ、プラットフォーム、2021-2030年のグローバル機会分析と産業予測」によると、グローバル航空イメージング市場は、2020年に22億6000万ドル、今後CAGR 14.2%成長で、2030年に85億2000万ドルに達する見込である。
 北米が最大収益を生み出しており、CAGR 13.4%成長で2030年には30億9000万ドルに達する。

土地のマッピングは世界中で著しく増加しており、APACが最高成長率を示している。従来のソリューション、コントロールポイント法、三角測量、3辺測量、コンパス、トランジット、金属テープなどは、土地&自然資源の推定および計画には非効率であることが分かっている。そのようなシナリオでは、航空マッピングサービスが、災害管理、森林&自然資源管理、エンタテーメントプロジェクトに効果的なツールとして登場してきた。技術的に進んだマッピングソフトウエア、カメラソリューション、無人機、センサの利用は、プロジェクト管理の全ての段階で、コスト推定、材料の浪費、プロジェクトの完遂、紛争解決に関わるリスクを低減する。

航空イメージングのアプリケーションは、様々な業種での実施増加に影響されている。災害リスク軽減と防止のための航空イメージング利用の急増、5Gインフラストラクチャ構築で航空イメージング技術の利用である。しかし、ドローンのサイバーセキュリティ、データセキュリティに対する懸念の増加、衛星画像ソリューションの出現が、航空イメージング技術の採用を制約する。

COVID-19パンデミックは、世界中で社会的、経済的システムに打撃を与えた。さらに、2020年、US、UK、中国、フランス、インド、ドイツなど主要経済のGDP低下が、航空イメージングを含む新興技術への投資低迷となった。航空宇宙支出の削減は、無人航空機の開発と導入計画、特にUAVsに悪影響を及ぼした。これにより世界的に、UAVベース航空イメージングサービスの利用が制約された。ドローンに有利な環境基盤を持つ様々な国、US、UK、中国、ドイツなどは、パンデミックの始まりから、同技術を迅速に動員することができた。これらの諸国は、航空イメージングをCOVID-19対応活動に組み込むことができた。有利な規制、熟練労働力、重要なリソースの存在、高い採用率などの要素がこれを可能にした。

調査の要点
・アプリケーションでは、地理空間マッピングセグメントが、予測期間に大きく成長する見込である。
・エンドユーザでは、農業と林業セグメントが、予測期間末までに市場シェアで世界市場をリードすると見られている。
・プラットフォームでは、UAVおよびドローンセグメントが、予測期間末までに市場シェアでグローバル市場をリード。
・地域では、2020年、市場シェアで北米がグローバル航空イメージング市場で優勢だった。