All about Photonics

Business/Market 詳細

皮膚科エキシマレーザ市場、2028年に9億5550万ドル

November, 18, 2021, San Francisco--Grand View Researchの調査によると、皮膚科エキシマレーザ世界市場規模は、予測期間にCAGR 10.0%を超える成長で、2028年に9億5550万ドルに達する見込である。
 皮膚科エキシマレーザは、的を絞った光線療法の新しい形態であり、エキシマレーザまたはエキシマランプを使って単色UVB放射の特殊波長(308nm)を供給する。NCBIによると、エキシマレーザは、乾癬、白斑、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、アレルギー性鼻炎、毛嚢炎などの処置で効果が証明されている。

湿疹など、皮膚疾患の高発生率などの要因、処置の非侵襲性、技術的に進んで処置システムの出現、低い合併症リスクなどが、市場の成長を後押しすると見られている。一般に処置が難しい皮膚疾患、低色素性脈理や色素沈着の少ない瘢痕もエキシマレーザを使って効果的に処置できる。高い患者の満足度および目に見える結果を提供できる技術進歩、市場で幅広い機器の利用可能性が、市場の成長を促進すると見なされている。

世界市場は、COVID-19パンデミックのために悪影響を受けた。皮膚処置の患者予約が一時的に中断されたためである。しかし、多くの国の政府は、厳しいCOVID-19手続に従いながら、皮膚科クリニックに皮膚処置コンサルタントや美容処置の再開を許可した。さらに、ポストCOVID-19クライシスに美容処置の需要が急増すると見る美容専門家が多い。これが、市場の成長を後押しする。

皮膚科エキシマレーサ市場レポートハイライト
・トロリー搭載製品セグメントが、2020年に市場で優勢だった。簡単に持ち運べ、調整可能、美容クリニックで占めるスペースが少ないためである。
・乾癬の高率発生により、2020年、乾癬アプリケーションセグメントが、最大収益シェア。これは今後も増加する見込である。
・2020年、北米がグローバル市場で優勢だった。皮膚疾患の増加、多数の認定ずみ専門家が存在するからである。
・高いレベルの可処分所得&ヘルスケアへの支出が、予測期間に北米地域市場成長の原動力と見られている。
・APACは、予測期間に最速CAGR成長が見込まれている。多くの皮膚疾患の増加、主要プレイヤーが存在するためである。