All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車インテリジェント照明システム市場、2030年に92億5000万ドル

November, 17, 2021, San Francisco--Allied Market Researchのレポート「自動車インテリジェント照明システム市場、技術、車輌タイプ、製品タイプ、販売チャネル、2021-2030年のグローバル機会分析とと産業予測」によると、世界の自動車インテリジェント照明システム市場は、2020年に36億5000万ドル、2021-2030にCAGR 9.8%成長で, 2030年に92億5000万ドルに達する見込である。

自動車のインテリジェント照明システムは、2種類。適応型ヘッドライトとインテリジェント環境照明。インテリジェント照明システムは、知覚安全性向上とストレス軽減のために自動車の照明をライト、道路、天候条件に適合させる。また、適応型ヘッドライトは、運転状況に自動的に適応するように調整できるインテリジェントヘッドライト。ハイビームアシストは、対向ドライバーの眩しさ回避に役立つ。アクティブカーブライトは、ヘッドライトをカーブに旋回させ、道路照明を改善する。一方、インテリジェント環境光は、キャビン周囲に実装されたインテリジェント室内灯であり、ドライバーと乗客の双方にとっての車内の設計と見通しを強化する。加えて、インテリジェント環境光システムは、狭いキャビン内でドライバーに方向感覚とフリースペースを提供し、またこれらの照明は周辺光にしたがい光輝度を自動的調整できる。

技術では、自動車インテリジェント照明システムは、ハロゲン、LED、キセノンに分けられている。2020年、電力消費低減と長寿命のために、LEDセグメントが最高収益だった。急速な技術進歩、小型化、効率、耐湿性および振動耐性によりLED照明が市場に普及している。これらの照明は、数十年の長寿命が可能である。

地域的には現在、ヨーロッパが市場で優勢であり、これに北米、APAC、LAMEAが続く。ヨーロッパでは、2020年、ドイツが自動車インテリジェント照明システム市場で優勢だつた。また,予測期間でもドイツの優勢は維持される見込である。市場の成長を後押しする主因の中には、先進的ADASの採用、道路の安全性に対する意識向上がある。さらに、発展途上地域における組織化されていないアフターマーケットにともない高コスト&構成の複雑さが、市場の成長の阻害要因となる。しかし、車輌に先進技術の組込増、自動運転車の採用増などの要素が、予測期間に世界のインテリジェント照明システム市場の成長に十分な機会を作り出す。

調査の要点
・技術では,2020年、LEDセグメントが最高収益。
・車輌タイプでは、2020年、乗用車セグメントが最高収益に貢献。
・製品タイプでは、2020年、インテリジェントアンビエント照明セグメントが最高収益貢献者
・販売チャネルでは、2020年、OEMセグメントが最高収益貢献者
・地域では、2020年、ヨーロッパが最高収益に貢献。それに続くのが北米、APAC、LAMEA。