All about Photonics

Business/Market 詳細

光コリメートレンズ市場、2026年に10億8100万ドル

November, 15, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ファイバオプティックコリメートレンズ市場、タイプ(固定、アジャスタブル)、波長、モード(シングルモード、マルチモード)、アプリケーション(通信、医療&診断、計測、分光学および顕微鏡)、地域、2026年までのグローバル予測」によると、市場は2021年の5億5400万ドルから、2021-2026年にCAGR 13.3%成長で2026年に10億8100万ドルに達する見込である。

5Gネットワークおよびそのアプリケーション、クラウドベースネットワーキング、ゲーミング、ビデオストリーミングなどの需要が、通信およびネットワーキング産業で増加している。適切な接続性の高速インターネットに対する需要増は、ファイバオプティクスとそのコンポーネント、コリメーティングレンズで保証される。高速インターネットの需要増は、より多くのインターネット接続の基盤となり、これがさらに進んだインターネットインフラストラクチャ(ケーブル、コネクタ、光コリメータレンズ、その他のコンポーネントを含む)需要を促進すると見られている。デジタルトランスフォーメーションは、急速なデータ量の増加により、ほぼ全ての産業に影響を与えている。マシンおよびセンサのインテリジェントネットワーキングは、分析のためにデータを伝送必要があり、特定の範囲で目的を制御する必要がある、これは、5G対応ネットワークによって可能になる。

Ookla, LLCによると、5G導入および5Gオペレータの数は、2020年に、それぞれ18731、157に達した。MarketsandMarketsは、2026年末までには、2億5000万の5G加入者を予測している。2020年の予期せぬ出来事にもかかわらず、5G導入と採用は、増加を続けた。また、5Gエコシステム、多くの5Gネットワークの導入と5G対応デバイスは、2020年中に5Gの加速度的ペースで広がっている。5G導入は、ネットワークとデバイスの両方の領域で、勢いが増している。2020年150を超える5Gデバイスが商用発表された。したがって、5Gネットワークの需要増は、市場成長の主因の1つである。

予測期間に1000-1500nm波長が光コリメートレンズで優位を占める
 1000-1500nm領域が、ファイバオプティクコリメーティングレンズ市場で主要なシェアを取ると予測されている。また、その同じ市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。1000-1500nm波長領域の光コリメートレンズには大きな需要がある。そのようなレンズは、中でも分光学や光&ディスプレイ計測など様々なエンドユースアプリケーションで広く使われているからである。

2021年光コリメートレンズ市場で通信が最大シェア
 光コリメートレンズは、通信、医療診断&イメージング、レーザおよびディテクタ、計測、顕微鏡&分光学、その他(ディスプレイアプリケーション、サイトメトリ、人工知能、LiDAR)で使われている。デジタル化需要の増加、接続需要の成長により、通信セグメントが最大市場シェア。通信向けファイバオプティクコリメーティングレンズ市場は、2020年に2億900万ドルだった。市場は、2026年までには3億9200万ドルに達する見込である。また、予測期間に、最高CAGR 11.7%成長が期待されている。通信アプリケーションにおけるファイバ需要増が、このセグメント成長の主因。

光コリメートレンズ市場でAPACが最大シェア
予測期間にAPACは、光コリメートレンズ市場の最大シェアを占める見込である。APACの光コリメートレンズ市場は、2020年に2億2190万ドル、2026年までには4億6840万ドルに達する見込である。2021-2026年にCAGR 13.7%成長が見込まれている。アジアの諸国、特に中国とインドが、今後数年、光コリメートレンズのメーカーにとっては大きな成長機会を提供する見込である。