All about Photonics

Business/Market 詳細

エッジコンピューティング市場、2026年に873億ドル

November, 12, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「エッジコンピューティング市場、COVID-19の影響分析、コンポーネント(ハードウエア、ソフトウエア、サービス)、アプリケーション(スマートシティ、IIoT、リモートモニタリング)、組織規模(SMEsと大企業)、業種、地域、2026年までのグローバル予測」によると、市場規模は、2021年の365億ドルから、予測期間にCAGR 19.0%成長で、2026年に873億ドルに達する見込である。
 産業におけるIoT採用の増加、データ量とネットワークトラフィックの激増、低遅延処理、リアルタイム、自動意思決定ソリューション要求の増加が、エッジコンピューティングの成長を後押しする主な要因。

エッジコンピューティングソフトウエアの採用が、パフォーマンスを著しく高める。これは、エッジベース脅威検出、データの最小化、分散化インフラストラクチャなど、次のレベルのセキュリティ達成による。
 エッジコンピューティングソフトウエアに含まれるのはエッジコンピューティングプラットフォームとオペレーティングシステム。これらは、ネットワークインフラストラクチャ内のエッジデバイス、データセンタのコンピューティング機能を強化する。これらのプラットフォームは、ハードウエアの機能を制御し、アセットからのデータ収集をサポート、遠隔設置アセットの状態モニタリング支援、エッジデバイスとコンピューティングリソース間のネットワーク接続確立を支援する。エッジコンピューティングプラットフォームはデバッグ支援し、リモートデータのデータフローをテストする。エッジコンピューティングソフトウエアは、エッジベース脅威検出、データの最小化、分散インフラストラクチャなど、次のレベルのセキュリティ達成によりパフォーマンスを著しく改善できる。

IIoTは、リアルタイム処理、ハードウエア最適化機能、IoTシステムのユビキタス接続を統合して、マシンの効率とプロセス全体のスループットを最大化する。
 エッジコンピューティングは、IIoTの中核コンポーネントの1つであり、Industry 4.0への加速で重要な役割を担う。IIoT環境に導入されるデバイスでは、エッジコンピューティングプラットフォームは、データセンタからクラウドまで、様々なリソースとの統合が不可欠である。IIoTは、スマートロボティクス、リモート診断、アセット最適化、接続された製造と製品の統合、スマート建設を含む産業分野の広範なIoTアプリケーションの代表。IIoTは、リアルタイム処理、ハードウエア最適化機能、IoTシステムのユビキタス接続を統合して、マシンの効率やプロセス全体のスループットを最大化する。スマートロボティクス、リモート診断、アセット最適化、接続された製品統合、スマート建設アプリケーションは、様々な産業におけるエッジコンピューティング採用を後押しする。IIoTプロセスにエッジコンピューティングを浸透させることで、企業はネットワーク通信、システムに接続されたクラウドとの協力的調整の改善を達成できる。したがって、IIoTデバイスの普及は、エンドユーザロケーションでエッジコンピューティング機能の導入を容易にする。これらのデバイスが、エッジ技術をサポートできる処理ユニットを装備しているからである。

SMEsは、簡単な運用と強化された拡張性によりエッジコンピューティングを選択しつつある

工場フロアでIoTセンサの増加により、製造業は産業オートメーションや製造効率化を達成し始めた。

2021年、エッジコンピューティング市場で北米が優勢
北米は、世界で最も技術的に進んだ地域の1つ。北米は、USとカナダで構成され、US市場で早期導入されたために世界のエッジコンピューティング市場で最大シェアを占めている。業種横断的にSMEsにおけるデジタル化のペース増加が、エッジコンピューティングの採用を後押ししている。同地域には、大手エッジコンピューティングベンダと顧客が存在するので、これが同地域の市場成長の原動力となっている。

エッジコンピューティングと他の技術間のアライアンス、提携数の増加が、エッジコンピューティングに継続的な技術イノベーションと進歩をもたらし、これが北米におけるグローバルエッジコンピューティング市場成長をさらに強化する。
(詳細は、https://www.marketsandmarkets.com/)