All about Photonics

Business/Market 詳細

LEDフィクスチャ成長の恩恵を受ける化学製品市場

July, 28, 2014, Mountain View--Frost & Sullivanは、「世界のLED材料市場分析」を発表した。
 LEDは、世界中で耐久性もエネルギー効率も低い旧来の照明技術に急速に取って代わろうとしている。LEDフィクスチャ製造工程のあらゆる段階で化学製品と材料が必要となるので、今後LED産業が成功すると化学製品会社は重要な役割を果たすことになる。資材要件の幅が意味するところは、市場参入者で市場全体の見通しを持っているところはほとんど存在しないということであり、市場の可能性に対する全体的な見通しを構築する必要がある。
 レポートによると、化学製品の売上の伸びは、LED産業そのものに先行する。LED材料市場は、2013年に売上50億1000万ドルだったが、2018年には117億1000万ドルに達すると予測されている。この調査は、LED製造バリューチェーンの4段階を通じた化学製品のアプリケーションを含んでいる。チップ製造、パッケージング、モジュール製造、フィクスチャアセンブリ。
 歴史的に、ディスプレイバックライトなどのエレクトロニクス用途のLED需要がLED用化学製品需要の成長を牽引してきた。しかしこの市場は現在、相対的に成熟しており、今度は一般照明分野からの需要が成長の中心に来る。LED製造に関わる4つのバリューチェーンの中で、化学製品に対する最大需要を形成するのは最後の段階、フィクスチャアセンブリである。
 「LEDの価格は全てのバリューチェーンで下落しているが、価格圧力は特にパッケージング段階で強い」と材料業界担当のBrian Balmer主席アナリストは分析している。「その結果、LEDメーカーがコスト削減できるような画期的な製品を提供する化学メーカーが成功の好位置に付けると言える。したがって、化学メーカーは、フィクスチャメーカーと協力して、今後のLEDフィクスチャ設計に化学製品や材料をどのように使用できるかについてフィクスチャメーカーの理解を助ける必要がある」とBalmer氏はコメントしている。