All about Photonics

Business/Market 詳細

量子ドットセンサ市場、2030年までに5億3990万ドル

November, 11, 2021, San Francisco--Allied Market Researchのレポート「量子ドットセンサ市場、タイプ、アプリケーション、産業業種2021-2030のグローバル機会分析と産業予測」によると、市場は、2020年の1億9770万ドルから、予測期間にCAGR 11.6%成長で、2030年に5億3990万ドルに達する見込である。

量子ドット(QD)は、ナノスケール半導体結晶(2~10nm)で、固有の光学的、電子的特性を備えている。吸収スペクトルが広く、エミッションバンドが狭い。したがって、様々なアプリケーションに最適となっている。例えば、イメージング、環境モニタリング、生体マーカー検出、食品安全分析など。

QDsの強みは、高分解能IR、特に短波赤外(SWIR)フォトセンサ。さらに、それは可視フォトディテクタにも利用可能であるので、高分解能グローバルシャッタセンサが可能になる。主要な量子ドットセンサには、10万のドットフォトサイトがある。

量子ドットセンサ市場の成長に影響を与える大きな要素に含まれるのは、改善されたセンサ技術需要の増加、柔軟性がある微小サイズ、コンシューマエレクトロニクス製品における急増。しかし、拡張研究は緩慢な普及、一貫性のないサイズ、量子ドットの不安定性となり、市場の成長を阻害している。それに対して、未来的量子ドットアプリケーションへの浸透が、予測期間に量子ドット市場に有益な機会をもたらすと見られている。

地域的には、北米が量子ドットセンサグローバル市場収益で大きなシェアを占めている。この地域では、同地域に複数の大手メーカーが存在するため、USが市場シェアで優位を占めている。また、量子ドットセンサ技術の商用化に向けた巨額投資も同地域の量子ドットセンサ市場成長に寄与した。

調査の要点
・2020年、圧電タイプセグメントが最大収益、また予測期間もCAGR 13.5%で成長する見込。
・監視カメラや医療イメージングセグメントは合わせて、2020年量子ドットセンサ市場シェアの45.0%以上だった。
・量子ドットセンサ市場の自動車セグメントは、予測期間にCAGR 15.6%成長が見込まれている。
・2020年、北米が約50.0%シェアで量子ドットセンサ市場で大きなシェアを占めた。