All about Photonics

Business/Market 詳細

欠陥検出市場、2026年に50億ドル

November, 10, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「欠陥検出市場、COVID-19影響分析、提供品(ハードウエア(カメラ、オプティクス、プロセッサ)、ソフトウエア(従来型とディープラーニング)、サービス)、アプリケーション(製造、パッケージング)、業種、地域、2026年までのグローバル予測」は、2021年の35億ドルから、2021-2026年にCAGR 7.5%成長で、2026年に50億ドルに達すると推定している。
 欠陥検出市場の成長を後押しする要因には次のものがある。製造業による自動品質制御と品質保証プロセス重視、政府や標準化組織が世界の製造業に課す厳しい健康と安全対策、強力なASICs需要。しかし、製造工場における熟練プロフェッショナル不足が、市場の成長を制約している。

2026年、ハードウエアセグメントが最大市場シェア
欠陥検出市場のハードウエアセグメントは、2026年に最大市場シェアと推定されている。欠陥検出システムのハードウエアタイプに含まれるのは、カメラ、フレームグラバー、オプティクス、プロセッサ。市場の成長を後押しする主要な要素は、新興経済圏における急速な産業化、製造における自動外観検査システムの採用増、様々な国々で労賃の上昇。

予測期間に製造アプリケーションが相対的に高いCAGR
 アプリケーションでは、製造向け欠陥検出市場が、高CAGRと予測されている。製造アプリケーションは、あらゆるタイプの表面で外観上の欠陥検出を必要としている。これは、従来のルールベースマシンビジョンアルゴリズムや目視で検査することは困難。製造業は、製造工程における品質保証の重要性を認識している。結果的に、長期的な自動化開発プロセスの不可欠な部分として欠陥検出の広範な採用となっている。自動製造プロセスでの欠陥検出の利用は、短時間で複雑な欠陥の特定にさらに役立つ。これは、今度は、コスト低減、応答時間と品質の改善に役立つ。また、製品検査を迅速に処理し、素早い欠陥検出を促進するために、製造におけるディープラーニングおよびAIベースの欠陥検出システムの採用増が市場の成長を後押ししている。

2026年、エレクトロニクス&半導体セグメントが最大市場シェア
 業種では、欠陥検出市場のエレクトロニクス&半導体セグメントは、2026年に最大市場シェアが見込まれている。エレクトロニクス&半導体業種では、スクラッチ、へこみ、濃淡バラツキ、汚れたラベルや人毛などの外観欠陥は別にして、ポートやコネクタの曲がったピン、緩んだネジ、不足しているコンポーネントなどの機能的欠陥、間違ったバーコードも検出して、欠陥製品を少なくし、製品品質を改善する必要がある。コンポーネントのスループットが速い高速アセンブリ検査の需要増、厳しい品質基準への適合ニーズの増加がエレクトロニクス&半導体セグメントの成長を促進する。さらに、同産業は、ナノメートル厚の半導体ウエファ製造をますます増やしている。これは、今後数年で欠陥検出システム需要を増やすと見られている。

予測期間にAPACが高いCAGR成長
 APAC市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。APAC諸国、中国、日本、インド,韓国などには、最大製造工場の一部があり、そこではオートメーションが最優先事項である。急速な産業化、確立された半導体、食品&パッケージング、自動車産業の存在が市場の成長を後押しすると見られている。また、大規模および中堅エンタプライズの発展を後押しする“Make in India”のような、様々な政府の戦略が、APACにおける市場の成長の原動力となっている。この地域のメーカーは、R&D、IIoT推進、および他の産業オートメーションソリューションに積極的に投資している。