All about Photonics

Business/Market 詳細

AIロボット市場、2026年に353億ドル

November, 9, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「人工知能(AI)ロボット市場、COVID-19影響分析、ロボットタイプ(サービス、産業用)、技術(マシンラーニング、コンピュータビジョン、コンテクスト認識、NPL)、提供品、アプリケーション、地域、2026年までのグローバル予測」によると、AIロボット市場は、2021年の69億ドルから、予測期間にCAGR 38.6%成長で、2026年に353億ドルに達する見込である。

AIロボット市場は、2020年、COVID-19拡大により落ち込んだ。感染爆発がAIロボット市場のサプライチェーンに悪影響を及ぼした。有名なプレイヤーの一部が中国ややUSを拠点にしていたからである。これらの国々は、2020年上半期にパンデミックで最悪の影響を受けた。市場は、2021年にU字回復の見込みである。農業、産業、軍および防衛、教育アプリケーションで需要が増加しているためである。

予測期間にサービスロボットが最高CAGR成長
 サービスロボットは、予測期間にAIロボット市場で引き続き優位を占めると見られている。サービスロボット市場は、大きく伸びる見込みである。日々のプロセスの自動化に関心を示す組織が増加しているためである。さらに、AI組み込みサービスロボットは、様々なアプリケーションで人を助けることができる、プールの掃除や芝刈りなとの家庭の仕事から、軍&防衛分野の重要な仕事、スパイ、探査やレスキュー活動、国境警備、戦闘などまでである。

予測期間に在庫管理がAIロボット市場をリード
 ロボットは、在庫管理アプリケーションで広く採用されている。これは、製品在庫管理、小売在庫管理、工場在庫管理を構成する。在庫管理でロボットによる主要なタスクに含まれるのは、並べ替え、配列、デリバリ。Amazon Robotics(Amazonの子会社)は、在庫管理アプリケーション向けのAIロボット市場で主要なプレイヤの1つである。同社は、AI装備ロボット、Kivaを提供している。Amazonは、同社倉庫でこのロボットを大規模採用している。

予測期間にAIロボット市場で北米のCAGR成長が著しい
 この地域の市場は、US、カナダ、メキシコを調査しており、ここにはサービスロボットやその商用アプリケーションの潜在的需要がある。米国では、数年来、サービスロボットが軍&防衛アプリケーションで利用されてきた。また、ドローンも様々な商用アプリケーションで採用されている。メディアやエンタテーメント、精密農業、警察、検査および探査など。AI組み込みプロフェッショナルサービスロボットの需要増、特に医療や水中アプリケーションでの需要増が北米におけるAIロボット市場の成長を後押ししている。