All about Photonics

Business/Market 詳細

量子コンピューティング市場規模、2028年に50億ドル超

November, 8, 2021, Delware--Global Market Insights Inc.の調査レポートによると、量子コンピューティング市場規模は、2028年までに50億ドルを上回る。

 革新的ソリューション開発のために様々な国の政府機関による投資増が量子コンピューティング市場の成長を後押しする見込である。例えば、2020年米国政府は、AIと量子コンピューティング計画に10億ドル投資した。この投資の狙いは、大気&海洋科学のマシンラーニング、高エネルギー物理学を含む様々な領域で量子システムによる開発の促進。

BFSI分野で量子コンピューティングソフトウエア採用増
 ソフトウエアセグメントは、2028年までCAGR 25%を上回る成長が見込まれている。BFSIで、取引活動スピード、通商活動、取引、様々なデータ処理の急伸対応による利用増が原因。ソフトウエアは、金融リスクを管理するために、金融機関、銀行の顧客の適切な識別&身元確認、商取引の追跡に役立ち、したがってサービス向上になる。

所有コスト低減のためにクラウドベース導入モデルの利用が増加
 2020年、クラウドセグメントが、収益シェア75%以上で量子コンピューティング市場で優位。これは様々な産業で所有コスト削減のために利用が増加したことによる。クラウドベース導入は、組織がユーザに様々なデバイスやシミュレータをラップトップからアクセスできるようにする際に有用である。

革新的ソリューション開発のためにヘルスケア産業で量子コンピューティングの採用が増加
 ヘルスケア産業における量子コンピューティング市場は、2028年までに30%を超える成長が推定されている。創薬、ゲノム配列決定、治験、分析ニーズが増加しているためである。量子コンピューティングは、研究者による、超個人化、超精密な革新的診断ツール開発を支援する。また、ライフサイエンス&創薬プロセス研究促進、展望拡大にも量子コンピューティング技術は役立つ。

量子アルゴリズム組み込みにより量子マシンラーニング需要増加
 マシンラーニングセグメントは、2028年まで、大きな成長を示すと見られている。マシンラーニングは、量子アルゴリズムや高い計算力に関連している。これにより、複雑なモデルを打破することができる。この技術は不治の病の処置で利用され、画像読取りに関連する診断エラーを排除できる。マシンラーニングアプリケーションのこの機能は、量子コンピューティング採用でさらなる機会を作る。

北米における強力なR&D力
 北米量子コンピューティング市場規模は、2028年に約15億ドルの収益を生み出すと予測されている。様々な産業における研究投資の増加が、同地域の収益を増やすと予測されている。主要企業は、医療研究加速のために革新的ソリューションの開発に重点をおいている。例えば、2021年3月、Cleveland Clinicは、IBMと提携し、量子コンピューティング技術の助けを借りて医療研究を強化すると発表した。このパートナーシップにより、両社は、医療研究の範囲とスピードを拡大するために発見アクセラレータに着手した。