All about Photonics

Business/Market 詳細

ハイパースペクトルイメージングシステム市場、2026年に358億ドル

November, 8, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ハイパースペクトルイメージングシステム市場、製品(カメラ、付属品)、技術(スナップショット、プッシュブルーム)、アプリケーション(軍事、リモートセンシング(農業、砿業、環境)、マシンビジョン、ライフサイエンス&診断)、2026年までのグローバル予測」によると、グローバルハイパースペクトルイメージングシステム市場は、2021年の154億ドルから、予測期間にCAGR 18.4%成長で2026年に358億ドルに達する見込である。
 同市場の成長は主に、ハイパースペクトルイメージングの産業アプリケーションの増加、助成と投資の増加などの要素に後押しされている。

2020年、プッシュブルームセグメントがハイパースペクトルイメージングシステム市場で最大シェア
 技術ベースでは、ハイパースペクトルイメージングシステム市場は、プッシュブルーム(ラインスキャニング)、スナップショット(シングルショット)、他の技術[ウイスクブルーム(ポイントスキャニング)、チューナブルフィルタ(波長スキャニング)、およびイメージングFTIR(タイムスキャニング)]に分けられる。2020年、プッシュブルームセグメントが、ハイパースペクトルイメージングシステム市場で最大シェアだった。一方、スナップショットセグメントは、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。プッシュブルーム技術に関連する利点、高いスペクトル分解能、簡素化されたイルミネーション要件、イルミネーション露光の最小化、熱負荷、短いキャプチャリングタイムなどが、ハイパースペクトルイメージングシステム市場における成長をサポートしている。

カメラセグメントが、ハイパースペクトルイメージングシステム市場で最大シェア
 製品ベースでは、ハイパースペクトルイメージングシステム市場は、カメラと付属品に分けられている。2020年、製品では、ハイパースペクトルイメージングシステム市場で最大シェアはカメラだった。技術進歩、手頃な価格のハイパースペクトルイメージングカメラの開発、防衛や産業アプリケーション向けハイパースペクトル技術の採用増が、ハイパースペクトルカメラセグメントの成長を後押ししている。

2020年、ハイパースペクトルイメージングシステム市場で北米が最大地域市場
 ハイパースペクトルイメージングシステム市場は、4つの主要地域に分けられている、北米、ヨーロッパ、APAC、残りの地域(RoW)。2020年、北米がハイパースペクトルイメージング市場の最大市場。同地域で、研究費の増加、技術進歩、商業産業でハイパースペクトルイメージングの利点についての認識向上などの要素が、北米におけるハイパースペクトルイメージングシステム市場の成長を後押ししている。