All about Photonics

Business/Market 詳細

医療レーザ市場、2027年に115億ドル超

November, 2, 2021, Delaware--Global Market Insights Incの調査レポートによると、医療レーザ市場規模は、2027年までに115億ドルを超える見込である。

医療レーザシステムの技術進歩が市場の成長を後押しする主因。医療レーザの継続的開発が、今後数年で全般的な市場の拡張にプラスの影響を与える。使いやすく、コンパクトで、自己完結型モジュールの導入は、複数の治療領域で、処置結果が強化されことにより新たな成長機会を作り出す。さらに、業界のプレイヤは、手術中の正確さと安全性を改善する新しいデバイスを開発している。先頃、Summus Medical Laserは、Horizon Medical Laser Systemを発表した。これはClass IVレーザダイオードであり、組織の治癒の促進、他のアプリケーションでの痛みを和らげる革新的技術を狙ったものである。

侵襲性の少ない外科手術の傾向促進が成長機会を後押し
侵襲性の少ない手術志向がレーザベース製品需要を作り出している。レーザ処置は、恐怖が少ない患者ケアの保証、改善を提供するものであり、これが患者や医者の選択を強める。加えて、他の治療領域でも眼科、歯科、美容、泌尿器科における幅広いアプリケーションが、業界の成長に貢献する。さらに、処置に関連するいくつかの利点が、継続的に製品需要を後押しする。加えて、レーザ技術の利用により、手術中の切開を小さくすることで感染リスクの最小化が業界の拡大を後押しする。

美容整形アシストガスレーザの採用増がセグメント成長を助長
2020年、ガスレーザセグメントの市場シェアは23%を超えた。皮膚疾患、脱毛、タトゥー除去処置など複数のアプリケーションてガスレーザ利用増が、製品需要を後押ししている。さらに、CO2レーザは、血管腫瘍、扁平上皮ガン、メラノーマ、様々な美容整形の治療でアブレーション処置に利用されている。患者への外科合併症のリスクを低減するからである。

歯科的処置の急増が製品普及率を後押し
2027年まで歯科セグメントは、20.1%成長率で拡大すると予測されている。新技術ベースのデバイスの進歩と急速な導入が主に市場の需要を促進している。さらに、増強された正確さ、精密さ、短い処置時間など、複数の利点により歯科処置向けのレーザシステムの高い利用率が、このセグメントの成長機会となっている。

施設による選択と費用対効果増が市場収益を後押し
2027年まで、外来手術センタセグメントがCAGR 19.8%で成長すると予測されている。これは、高い患者の受入率、外来施設における低コスト処置によるものである。さらに、滞在時間の短縮と発展途上地域における外来センタ数の増加が、そのセグメントの拡大に影響する。

APACで進むヘルスケア改革による大きな患者プールが製品需要を後押し
APAC医療レーザ市場は、2027年までCAGR 21.4%成長が予測されている。低コスト製造および労賃、また先進技術の早期導入により、主要市場プレイヤの同地域での戦略的拡大は、地域の成長を支援すると見られている。さらに、腫瘍、眼科および皮膚疾患領域における大きな患者プールで対処を重視する確立された業界リーダーが、APAC市場価値に影響を与える。加えて、ヘルスケアインフラストラクチャおよびヘルスケア改革への政府助成が、同地域における市場の進歩に影響を与える。