All about Photonics

Business/Market 詳細

ロボット市場、2030年に120億ドル超

October, 28, 2021, Delware--Global Market Insight incのレポートによると、ロボット市場規模は、2030年までに120億ドルを超える見込である。

小売産業におけるデリバリロボットの利用増が、予測期間に市場の成長を後押しする。ロボットソリューションは、小売分野でますます利用が増加している。労働コスト、ラストマイルデリバリを減らし、ワークフォースの生産性を高めることが目的。デリバリロボットは、質問に答え、方向を示すように予めプログラムされているので、小売業者は、顧客との相互作用の改善ができる。

急速なデジタル化と自動化がプロセスを簡素化し、製造業のコストを最小化する、これが今後数年でロボットの普及を支援する。人工知能(AI)、データ分析、クラウドコンピューティングなどの新興技術が市場機会を作り出している。市場プレイヤは、革新的でインテリジェントなプラットフォームとソリューションを発表しており、これがロボット産業の収益を増やす。

高い初期投資は、市場の拡張を制約する主因の1つ。センサ,アクチュエータ,タッチスクリーン、コントロールシステムなと,複数のコンポーネントが,ロボット製造に使われており、ロボットの製造コストを押し上げている。産業の成長は、R&Dへの巨額投資で特徴づけられている。開発プロセスにおけるエラー、設計の変更は、メーカーの高コスト負担となるので、これが市場の進捗を抑制する。

2020年、ロボット市場は、高成長を経験した、ヘルスケア&ホスピタリティ分野でデリバリ、UVC殺菌ロボットの普及が進んだためである。COVID-19パンデミックの急拡大が、UVC殺菌ロボットの市場需要を増やし、オートメーションとロボット技術の重要性を際立たせた。UVC照射は、バクテリアの拡散を抑制するために効果的に利用され、新たなコロナウイルスの不活性化で効果を証明した。したがってロボット市場統計を加速した。人間労働への依存を減らし、非接触デリバリ提供のためにデリバリ分野でオートメーションの利用増が、今後数年で産業の拡大を促進する。

デリバリロボットは、2030年までに成長率20%が見込まれている。e-コマースの急速な立上りでラストマイルデリバリが、サプライチェーンマネージメントでは重要要素の1つになっている。迅速なデリバリに対する顧客の高い期待が、汚染レベルの上昇と共に交通混雑を増やしている。先進的センサ、GPS、カメラを組み込んだ軽量で多機能なデリバリロボットの利用が増加しており、柔軟性、効率の強化がロボット市場需要を刺激している。

市場の参加者は,コンシューマのエクスペリアンス強化、COVID-19パンデミックの発生で非接触デリバリサポートのために新たなデリバリロボットを導入している。例えば、2021年8月、Otsaw Digitalは、シンガポールで自律ラストマイルデリバリロボット、Camelloを発売した。目的はオンデマンド雑貨、医薬品、小包を顧客の家庭にデリバリすること。そのロボットは、3Dのカメラと2つのコンパートメントを備えており、それぞれがオンラインで発注された20kgまでの雑貨を運ぶことができる。

キャンパスの学生やスタッフに飲食品をデリバリするロボットの導入が増加
UKでは、2020年、教育&科学研究分野がロボット市場シェアの9%を占めた。教育センタは、キャンパスの学生やスタッフに飲食品をデリバリするロボットを導入している。これらのロボットは,セキュリティおよびパトロール目的でも使用されており、市場の代表となっている。

政府の支援プログラムによりヨーロッパではロボットの産業需要が増加
ヨーロッパロボット市場は、2030年までCAGR 15%が推定されている。ヘルスケア、輸送,ホスピタリティ、公共事業でロボット需要が増加しているためである。政府と民間部門の両方による投資レベル上昇が同地域の成長を推進している。