All about Photonics

Business/Market 詳細

AR/VR/MRヘッドセット用製品需要増

October, 22, 2021, Copenhagen--NIL Technology (NILT)は、同社のAR、VR、MR製品で急成長を見込んでいる。NILTは、AR/VR/MRディスプレイおよびセンシングサブシステムで必要とされる精密、拡張性、多様性を満たすソリューションを提供している。結果として、NILTの技術で製品を作製しているAR/VR/MR顧客数が急増している。

NILTは、HMDや3Dセンシング向け光学部品のための技術を開発している。NILTは、最新のオプティクスソリューション企業であるので、多レベルでAR/VR/MR産業と協働している。主要ARヘッドセット会社は、NILTのディスプレイ製品を使っており、その技術は、非公開ブランド名からいくつかのデモンストレーションに使われている。

NILTがAR/VR/MR顧客に約束しているのは、ディスプレイの入力、拡張、出力グレーティングを定義するために使う機能とグレーティングの非常に厳しい制御と精度を提供する内製マスタリング工程から得られる恩恵である。

「NILTでは、高精度ナノ構造マスターの開発でわれわれは15年以上の経験がある。われわれは、1Dおよび2Dバイナリグレーティングを作る。ブレーズドおよびスラント(傾斜)グレーティングは、全て1つのマスターにシームレスに統合される。こうして、われわれは、ディスプレイソリューションを開発する際に顧客に比類のない自由度を提供する」とNILT、創始者/EVP Mastering、Brian Belenbergは話している。

垂直統合、新しい光学部品企業としてNILTは、NIR、SWIR 3Dセンシングなど様々なアプリケーションに、回折光学素子(DOE)やメタオプティカル素子(MOE)など、光学ソリューションを提供している。DOEやMOE 3Dセンシングにより高精度でエネルギー効率の優れたセンシングが可能になる、これは今後のARアプリケーションにとって極めて重要である。
(詳細は、https://www.nilt.com)