All about Photonics

Business/Market 詳細

精密農業市場、2030年までに230億ドル超

October, 21, 2021, San Francisco--Allied Market Researchのレポート「精密農業市場、コンポーネント、アプリケーションと技術、グローバル機会分析と産業予測、2021-2030」によると、精密農業市場、は、2020年に64億5700ドル、2020-2030年にCAGR 13.4%成長で、2030年には230億5600万ドルに達する見込である。
 精密農業は、農民が作物収量と品質向上のために農地に導入した特定場所作物管理(SSCM)技術。それは、GPS、GIS、テレマティクス、リモートセンシングなど複数の先進技術を利用する。精密農業は、従来の農法と比べて効果的な農法である。食糧需要の増加と農産業の急発展により農民は、精密農業に切り替えている。さらに市場の成長は、その比類のない利点によって支援されている。例えば、天候予測、土壌分析、収穫&作物収量の分析。センサ、ドローン、農業ソフトウエア、GPSなどを含む様々なコンポーネントを使用することで農民は、作物関連でリアルタイムアップデートが可能である。しかし、精密農業市場における主要な制約として、高い初期投資と意識の欠如が観察される。さらに、非営利組織の一部が精密農業技術を促進し、農民の間で精密農業技術についての意識向上に努めている。これが、予測期間に、利益の上がる機会を作り出すと見られている。

コンポーネントベースで精密農業市場トレンドに従うと、2020年ハードウエアセグメントが全般的な精密農業産業で優位を占めた。また、予測期間に優位が続くと見られている。開発途上国でハードウエアの採用が増加し、精密農業産業の効果的な機能が確実になるからである。しかし、サービスセグメントは、今後数年で最高成長率が見込まれている。これは、最新の農業技術で精密農業ソフトウエアの採用増加によるものである。これは、システムインテグレーションや管理サービスなど、様々なサービスの必要性を増やす。ほとんどの国々が、これらのサービスを採り入れ始めている。全ての農業と農業ツールを整列させるためである。これに含まれるのは、収量モニタリング、フィールドマップング、天候予測。これらは、全般的な農業の生産性を改善し、精密農業市場の成長を促進する。

技術に基づいた精密農業市場、予測では、2020年、ガイダンス技術が市場で優位を占め、今後数年、優位が続く見込である。この成長は、米国、カナダなどの先進国で、より多くの収益を生み出せるように農地における活動トラッキングのための地球規模の位置決め、地理空間情報システムの利用によるものである。しかし、可変作業技術(VRT)セグメントが最高成長セグメント。この成長は、農地に行くことなく、農場についての全リアルタイム情報とデータを取得できる主要な利点によるものである。

ポストCOVID-19の精密農業予測では、世界の精密農業市場規模は、2021年の74億2700万ドルから、CAGR13.4%成長で、2030年には、230億5600万ドルに達すると予測されている。発展途上国における患者数の増加により、精密農業ソフトウエア採用の大幅増となっている。これは、世界的なロックダウンおよび、農業分野における、その技術の利用急増によるものである。また、精密農業市場は、COVID-19パンデミックのためにわずかに落ち込む。これは、移動の制限、ロックダウンが、サプライチェーンを破壊し、機器不足となったからである。

しかし、リモートセンシングや農場管理ソフトウェアツールの利用は、ポストCOVID-19期間に採用が増える。COVID-19は、精密農業市場のサプライチェーンを破壊し、企業は、技術を利用することで生産者や農民と相互作用する新たな機会を探求している。企業は、収量モニタリング、作物の健康モニタリング、フィールドマッピング、灌漑スケジュール、収穫管理に関してリアルタイムで決定ができるように、ワイヤレスプラットフォームに一層注目し始めた。世界中の農場でIoTデバイス導入は、CAGR 14%で成長すると予想されている。COVID-19は、世界中の農場でIoTデバイスの導入を促進し、フィールドでの労働要件を減らすことで灌漑スケジュールを最適化すると見られている。ネットに接続された農業デバイスの数が、中長期的に前途有望な成長となる見込である。

調査の要点
・コンポーネントでは、2020年ハードウエアセグメントが精密農業市場シェアで優位を占めた。しかし、サービスセグメントが予測期間に大きく成長する見込である。
・アプリケーションタイプでは、収量モニタリングセグメントが、2020年の精密農業市場シェアで最高収益だった。しかし、灌漑管理セグメントが予測期間に最高成長率となる見込である。
・技術依存では、2020年、ガイダンス技術セグメントが最高収益。しかし、可変作業技術(VRT)セグメントが、近い将来、最高成長率となる見込である。
・地域的には、精密農業市場は、北米が優位を占めていた。しかし、APACが、今後数年で大きく成長する見込である。
(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)