All about Photonics

Business/Market 詳細

データセンタ顧客は今年1000万の400GbEスイッチ導入

October, 20, 2021, San Francisco--Crehan Research Incのレポートによると、400GbEデータセンタスイッチポートの出荷は、今年1000万を超える勢いである。これは、前年の出荷の3倍以上である。
 この強力な400GbEデータセンタスイッチの増加に関連して、50Gbps SerDes出荷が25Gbps SerDes出荷を超え、最も広範に導入されるデータセンタスイッチSerDesレーンスピードになる。

「400GbEデータセンタスイッチへの移行は、進行中であり、数量は現在、一層広い顧客採用で数1000万に向かいつつある。ビデオ、マシン間トラフィック、データ解析を含む既存の高帯域ドライバーに加えて、マシンラーニングやディスアグリゲートコンピューティングなど新しいアプリケーションやアーキテクチャが、帯域エコノミーが優れた、より高速のスイッチスピードの必要性を後押ししている」とCrehan Research社長、Seamus Crehanは分析している。

これらの結果は、データセンタスイッチシリコンの3.2Tbpsから12.8Tbpsへの移行を反映している。それぞれの基盤技術は25Gbpsと50Gbps SerDesである。Crehanのレポートは、約3年の50Gbps SerDes移行時間は、25Gbps SerDes移行よりも速いと指摘している。

「12.8Tbpsデータセンタスイッチの大規模導入は、基盤の50Gbps SerDes技術とともに、100Gbps SerDes技術を備えた次世代25.6Tbpsデータセンタスイッチ導入への下地となっている。次世代スイッチの立上りは、来年と見ている」(Crehan)。
(詳細は、https://crehanresearch.com)