All about Photonics

Business/Market 詳細

Indie Semiconductor、新事業ユニットVisionQを設立

October, 14, 2021, Aliso Viejo--Autotechソリューションのイノベータ、indie Semiconductor, Inc.は、ADAS対応自動車向けの多くの利用例に対処する高品質知覚対応,ビジョン処理ソリューションだけに的を絞った専門事業ユニット設立を発表した。
 新しいVisionQ 事業ユニットのリーダーは、業界ベテランRamesh Singh。VisionQは、過去20年でビジョン処理市場に数百万のシリコン、ソフトウエアおよびシステムソリューションの展開にすでに成功している卓越したチームの支援を受ける。グループの統合開発力、大規模ビジョンビジネス構築における専門性、幅広い世界的な関係によりindieは、ADASアプリケーションにクラス最高のセンシングプラットフォームを提供する座につくことになる。

「Rameshと同氏のチームをindieファミリに加えることは、マルチセンサ法の主要な半導体とソフトウエアレベルソリューションとなるというわれわれのビジョン実現に向けた大きな一歩を表している。Rameshチームの能力を活用して、最小コスト、パワーおよびフォームファクタの革命的なデバイスを実現する計画である。これは、知覚ビジョン処理を再定義することになる」とindie SemiconductorのCEO/共同創始者Donald McClymontはコメントしている。

「Indieに加わることでわれわれのチームは、オープンソフトウエア知覚スタックの採用を加速し、パワーとパフォーマンスが最適化されたスケーラブルな設計を実現する。われわれの豊富な業界経験、イメージングエコシステム全体についての深い理解、戦略的なセンシングパートナーシップをindieの傘下で専門技術を産業化し、完全な機能的、差別化されたソリューションをわれわれの自動車顧客に提供できる」と、VisionQ 事業ユニット、ジェネラルマネージャ、Ramesh Singhはコメントしている。

AI機能を備えた複雑なカメラソリューションの実現は、主要Tier1sやOEMsで、難しいセンシング問題を解決するためにインテリジェンスを持ち込む方法として、急速に採用されつつある。これらコンピュート機能の要求が増えるにつれて、パワープロファイル内のインテグレーション、フォームファクタが一層大きな課題になる。AIアルゴリズムやセンシング機能を多くの自動車カメラに組み込むことは、様々な計算処理のレベルを解決するために全ての実用的な製品でインテリジェントなエッジコンピューティングビジョン処理を必要とする。Indieは、知覚スタック(ビジョン、レーダー、LiDARで最先端のセンシングアルゴリズムの融合)を組み込んだADASソリューションが、安全機能採用を世界的に強制するようになると見ている。

Yole Développementの市場調査によると、自動車カメラ市場だけで、2016年の22億ドルからCAGR 24%成長で、2022年には77億ドルに達する見込である。一方、センシング市場全体(カメラ、レーダー、LiDAR、超音波)は、同期間に、80億ドルから190億ドルに達すると予測されている。
(詳細は、https://investors.indiesemi.com/)