All about Photonics

Business/Market 詳細

ファイバオプティクテスト市場、2030年に6億550万ドル

October, 12, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「ファイバオプティクテスト市場、ファイバモード、サービスタイプ、製品タイプ、アプリケーション、グローバル機会分析と2021-2030年産業予測」によると、世界のファイバオプティクテスト市場規模は、2020年に2億7750万ドル、2021-2030にCAGR 8.6%成長で2030年に6億550万ドルに達する見込である。予測期間に、北米が世界のファイバオプティクステスト市場の主要な貢献者、これにヨーロッパが続く。

ファイバオプティクステストは、ツール、プロセス、標準で構成されている。これらは、ファイバリンク、コンポーネントおよび導入されているファイバネットワークのテストに利用される。テストは、ファイバオプティクスコンポーネント、ケーブルシステム、プラントのパフォーマンスを検証する。

ファイバオプティクステスト市場分析は、ファイバモード、サービスタイプ、提供品タイプ、アプリケーション、地域で分けられている。ファイバモードでは、市場はSMFとMMFに分けられる。サービスタイプでは、市場はテストサービス、検査サービス、認定サービス、その他のサービスに分けられている。提供タイプでは、インハウスサービスとアウトソースサービスに分類されている。アプリケーションベースでは、市場は、通信、ケーブルテレビ、軍と航空宇宙、鉄道、石油とガス、エネルギーと電力、その他に分けられている。

調査の要点
・組織内サービスセグメントが、予測期間にインストレーションタイプセグメントが優位を占め、これにアウトソースサービスが続く。
・APACと北米を合わせて、2020年ファイバオプティクステスト市場シェアが59.0%を超えた。
・マルチファイバモード(MMF)セグメントが、予測期間に最高成長率が見込まれている。
・中国は、2020年、APACで主要なシェアホールダであり、シェアは約41.0%だった。
(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)