All about Photonics

Business/Market 詳細

ロボット市場、2030年に120億ドル

October, 8, 2021, Delware--Global Market Insightsのレポートによると、ロボット市場規模は、2030年までに120億ドルを超える。

小売産業におけるデリバリ(配達)ロボットの利用増が、予測期間に市場の成長を後押しする。ロボットソリューションは小売分野ではますます利用が増加している。目的は労働コスト低減、ラストマイルデリバリ、労働生産性向上。デリバリロボットは、問いに答えたり、方向を支持するように予めプログラムされているので小売業は顧客との相互関係を改善できる。

急速なデジタル化と自動化がプロセスの簡素化し、製造コストを最小化する。これが今後数年でロボットの採用を促進すると見られている。AI、データ分析、クラウドコンピューティングなどの新興技術が市場機会を生み出している。市場プレイヤは、革新的でインテリジェントプラットフォームやソリューションを導入し、ロボット産業の収益を伸ばしている。

高い初期投資が、市場拡大を制約する主因の1つである。センサ、アクチュエータ、カメラ、タッチスクリーン、制御システムなどのコンポーネントがロボットには使われており、ろボットの製造コスト増となっている。産業の成長は、R&Dへの巨額投資によっても特徴付けられる。開発プロセスにおけるどんな誤り、変更でも企業には高コストとなりうるので、市場の進歩を制約することになる。

2020年、ロボット市場は高成長だった。ヘルスケア&病院分野でデリバリ、UVC殺菌ロボットの採用が増加したためである。

ラストマイルデリバリ問題改善のために商業分野でデリバリロボット採用増
 2030年までにデリバリロボットは20%を占める見込である。eコマースの急速な出現で、ラストマイルデリバリが、サプライチェーン管理の重要要素の1つになった。より迅速なデリバリに対する顧客の高い期待が、交通混雑を増やし、公害レベル増になっている。先進的センサ、GPS、カメラ、強化された柔軟性、効率的な軽量、多機能デリバリロボットの利用可能性増が、ロボットの市場需要を促進する。

政府支援プログラムによりヨーロッパではロボットの産業需要が増加
 ヨーロッパのロボット市場は、2030年までCAGR 15%成長が見込まれている。これは、ヘルスケア、輸送、ホスピタリティ、公共事業でロボット需要が増加しているためである。政府と民間部門の両方による投資水準の増加が、同地域の成長を促進すると見られている。