All about Photonics

Business/Market 詳細

アブレーション技術、2026年に81億ドル

October, 8, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポートアブレーション技術市場、製品(RF、レーザ、超音波(ESWL、HIFU)、マイクロ波、電気)、アプリケーション(心臓血管、ガン、婦人科、化粧品、疼痛管理)、エンドユーザ(病院、ASC、メディカルスパ)、2026年までのグローバル予測」によると、アブレーション技術市場は、2021年の52億ドルから予測期間にCAGR 9.3%で成長し、2026年に81億ドルに達する見込である。
 増え続ける老年人口もターゲット症状の発生率の原因となっており、効果的な処置に対する要求を後押ししている。しかし、先進国におけるデバイスの再利用や再処理、不利な規制シナリオが、この市場の成長を阻害する主因。製品リコール、アブレーション製品の有効性に関わる治療課題が、世界のアブレーション技術市場で業界プレイヤが直面している課題である。

アプリケーションベースで、アブレーション市場は、主要セグメントに分類されている。心臓血管疾患処置、ガン治療、眼科治療、疼痛管理、婦人科治療、泌尿器治療、整形外科、美容整形、および他のアプリケーション。罹患率の上昇、この領域における技術の進歩が、市場の成長を促進する。

製品ベースでは、世界のアブレーション技術市場は、光/レーザアブレータ、RFアブレータ、超音波アブレータ、電気アブレータ、冷凍アブレータ、熱水アブレータ/ハイドロメカニカルアブレータに分類されている。RFアブレータセグメントの大きなシェアは、主要市場プレイヤーによる新製品投入によるものであり、またガン、心臓病、眼病など様々な症状を処置するRFアブレーション技術の採用増によるものである。

エネルギー源タイプでは、世界のアブレーション技術市場は、光/レーザ、RF、電気、超音波、マイクロ波、クライオセラピー(冷凍手術)、熱水/ハイドロメカニカルアブレーション技術に分類されている。RFアブレーションの低コスト、使いやすさ、老年人口の増加が、RFアブレーション市場の成長因となっている。

2020年、北米が世界のアブレーション技術市場で優勢
 北米市場がアブレーション技術市場で優勢だった。北米における市場成長は、この地域でアブレーション技術が早期導入されたためである。多くのアブレーション製品メーカー、アブレーション治療の著しい採用が、同地域における顧客基盤増加の背後にある主因である。