All about Photonics

Business/Market 詳細

量子ドット市場、2026年に86億ドル

October, 5, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「量子ドット市場、COVID-19影響分析、材料(カドミウムベース、カドミウムフリー)、製品(量子ドットディスプレイ、その他の製品)、業種(コンシューマ、商用、ヘルスケア、防衛、テレコム)、地域、2026年までのグローバル予測によると、世界の量子ドット市場は、2021年に40億ドル、2021-2026年の期間にCAGR 16.2%成長で、2026年に86億ドルに達する見込である。

量子ドット世界市場の急成長は、ディスプレイデバイスにおける量子ドット需要急増、従来のディスプレイに対する量子ドットの利点、量子ドットの多様なアプリケーションなどが成長因である。

カドミウムフリー量子ドットが予測期間に量子ドット市場で最高成長率
 電子製品におけるカドミウム濃度の増加は、人の健康にも悪影響を及ぼす。量子ドットでも、カドミウム濃度は、規制当局の承認に適したレベル以下に維持されなければならない。しかし、メーカーは、量子ドット製造のために適切な代替品の利用をますます増やしている。カドミウムフリー量子ドットの需要増が、市場の成長を後押しすると予測されている。

量子ドットディスプレイが、予測期間に最大市場シェア
 高い発光効率、高輝度、低消費電力などの特性により量子ドットはディスプレイに最適である。量子ドットにおける無機材料の利用が、他のディスプレイに見られるバーンインを阻止する。量子ドットディスプレイ利用の多くの利点が、量子ドットディスプレイの成長を促進する主因である。

予測期間にAPACが量子ドット市場の最大シェア
 APACは、世界の量子ドット市場で最大シェアである。市場成長の主因には、多くの確立されたティスプレイメーカーが存在すること、量子ドット技術に関係するR&D活動に関わる市場プレイヤや研究機関の数が増えていること、進捗するディスプレイエコシステムの進歩、量子ドットディスプレイ需要増が含まれる。