All about Photonics

Business/Market 詳細

Sivers Semiconductors、CW-WDM MSA準拠DFBレーザを開発

Picture9

October, 4, 2021, Santa Barbara--Sivers Semiconductors ABは、同社子会社Sivers PhotonicsがCW-WDM MSA準拠、Ayar Labsの光I/Oソリューションをサポートするレーザアレイを開発すると発表した。Ayar Labsは、集積光I/Oのリーダーであり、AI、クラウド、HPC、5G、LiDARの限界を押し広げようとしている。

今回の発表は、Ayar Labsが同社の高速光通信とコンピューティングアプリケーションをサポートするTeraPHY光I/OチップセットとSuperNova多波長光源で業界初のテラビットWDM光リンク実証を受けたものである。

Sivers Photonicsの新しいInP100プラットフォームは、CW-WDM MSAサプライチェーンの重要な部分を形成し、進行中のAyar Labsの多波長光源開発をサポートする特注高出力DFBレーザアレイを設計、製造する。

SuperNova多波長光源は、Sivers Photonics もプロモータメンバーになっているCW-WDM MSAの光源仕様に準拠する初の製品。CW-WDM MSAは、最先端のSiPhベースオプティクスアプリケーション向けOバンドでCW-WDM光源を標準化するために形成された。アプリケーションは、8、16、32波長に移行し、AI、HPC、クラウドデータサービスを含む領域で大容量データオプティクスをサポートする。

Sivers Photonicsのマネージングディレクタ、McLaughinは、「当社は、CW-WDM MSAアプリケション向けDFBアレイ技術をサポートするこのプラットフォーム実現に懸命に取り組んできた。当社のInP100プラットフォームは、多くのSiPhアプリケーションのTime to Marketを促進する。当社の特注ハイパワーDFBレーザアレイは、この量産市場における開発で、Ayar LabsのSiPh集積要件向けに最適である。CW-WDM MSAのプロモータとして、Ayar Labsとの協働を喜んでいる」とコメントした。
(詳細は、https://www.sivers-semiconductors.com/)