All about Photonics

Business/Market 詳細

テレコムCAPEX展望、否定しがたい装置の勢い

October, 4, 2021, Redwood City--DellOro Groupのレポートによると、予備的読取りの示唆するところでは、世界のテレコムCAPEX、ワイヤレスと有線テレコム投資の合計は、名目米ドルで前年比3%増、2021年に5%から10%の成長予測の軌道に乗っている。以前にテレコム装置計画にコンタクトした明確な勢い、成長予測を裏付けている。

「上半期のCAPEXと装置収益の成長トレンドにいくらかの分断はあるが、その関係は、今後もかなり継続すると考えられる。より重要な点は、健全なエンドユーザのファンダメンタルズが競争力学と結びついており、キャリアの収益改善トレンドがオペレータに拍車をかけて、複数の技術や地域で投資増となることである」とDellOro GroupのVP、Stefan Pongratzは分析している。

3年テレコムCAPEX予測のハイライト
・テレコム総投資予測は上方修正された。キャリアの投資は、2020~2023年の間にCAGR 3%増と見込まれ、これは2021年の力強い成長に支えられている。
・CAPEX上方修正は、主に、米国ワイヤレス市場における投資展望改善によるものである。
・中国における高い5G BTSベスラインと同等でも、2021年、総投資は名目米ドルで順調に二桁成長の見込。これは、中国で下半期が通年のCAPEXが60~65%を占めるという仮定で予測したものである。