All about Photonics

Business/Market 詳細

UV LED市場、2027年に15億ドル

October, 1, 2021, Delware--Global Market Insightsのレポートによると、紫外発光ダイオード(UV LED)市場は、2027年までに15億ドル規模に達する。

UV LED市場の成長は、皮膚の感染治療や光線療法アプリケーション向け医療デバイスでUV LEDの採用が増加しているためである。光線療法は、皮膚細胞の成長や炎症を抑制するためにUV光源を利用する治療。これらUV LEDは、湿疹、乾癬、白斑、敏感肌および他の皮膚関連の病気など、皮膚の症状の治療に利用される。主要プレイヤは、市場で競争力を獲得するために技術的に進んだ医療用UV LED製品の開発に焦点を当てている。

政府の政策と民間部門からの活発な投資増が、有機食品加工や淡水処理アプリケーションでUV LED採用を促進しているので、これが予測期間にUV LED利用を後押しすると見られている。
 2021年2月、Bolb Incは、UVC-Tech GroupおよびWalden Internationalを含む投資家グループから、シリーズA資金調達で、1600万ドルを調達した。同社の目的は、その資金を使って、UV-C帶LEDの製造能力増強、同社の世界的拠点を拡大すること。

UV LED市場拡大を制限する要因の1つは、UV LEDで増加する熱問題である。ここでは、全エネルギーの半分しかUV光に変換されない。残りは、熱になり、LEDの寿命を低減する。UV LEDの短いライフサイクルは、そのデバイスの成熟と効率を押し下げる。加えて、同技術で進行するR&Dが、待望の成果提供でパフォーマンス改善となる見込であり、これが同産業の成長にプラスの影響をもたらす。

UV-CタイプLEDセグメントは、2020年に市場シェア30%、2027年まで成長率20%が見込まれている。これはUV-C LEDのいくつかの利点によるものである。低い熱消費、高い耐久性、エコフレンドリーな性質、UVランプ&バルブと比較した高速スイッチングなど。これらのLEDは、標的を絞った選択的測定に狭い波長を提供するので、水質のインラインモニタリング、微量検出のための高い光出力が容易になる。企業は、市場で競争力を維持するためにUV-C帶を取り込んだ新製品の発売に従事している。

ヘルスケア産業でUV硬化システム採用増が市場価値を増進
UV硬化アプリケーションからのUV LED市場は、2020年に収益シェア20%だった。2027年まで、CAGR 22.5%を超える成長が見込まれている。これは、ヘルスケア産業におけるUV硬化システム採用増によるものである。UV硬化システムには多くの利点がある、低エネルギー消費、自動化容易、迅速処理、低温など。それはエネルギー効率がよく、環境フレンドリーな技術であり、医療分野への貢献が大きかった。カテーテル、麻酔マスク、容器、血液酸素付加装置、医療用フィルタ、コネクタ、センシングデバイスおよび他のデバイスは、全て、UV硬化接着剤で結合、封止、被覆、補修されている。様々なメーカーが、市場で競争力を維持するために医療用デバイス向けに新しいUV硬化システムの発売を計画している。

政府の取組、UV LED利用推進が北米で成長機会を作る
北米UV LED市場は、2021-2027年にCAGR 21%成長が見込まれている。廃水処理や他のアプリケーションでUV LEDの利用を推進する政府の期待できる取組と支援活動のためである。