All about Photonics

Business/Market 詳細

分布光ファイバセンサ市場、2026年に15億ドル

October, 1, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「分布光ファイバセンサ、COVID-19の影響分析、ファイバタイプ(SMF、MMF)、散乱プロセス、動作原理(OTDR、OFDM),アプリケーション(温度、音響、歪)、業種と地域、2026年までのグローバル予測」によると、世界の分布光センサ市場規模は、2021年の9億ドルから、CAGR 9.7%成長で、2026年に15億ドルに達する見込である。

石油&ガスおよびインフラストラクチャ、安全とセキュリティ業種における分布光ファイバセンサの採用増が近い将来、この市場の需要を後押しし、分布光ファイバセンサ市場の成長で重要な役割を担うと見られている。急速なデジタル化と自動化は、様々なプロセスにおける生産性、効率、安全を満たすものであり、パイプラインモニタリング、構造健全性モニタリング、境界モニタリングと制御などのアプリケーションで増加する分布センサが、分布光ファイバセンサ市場の成長を後押ししている。

市場は、主にCOVID-19の影響で、2020年に下降した。2020年、サプライチェーンが破壊された。様々な政府によるロックダウン、移動制限によるこれらの産業における労働力不足が原因。市場は、2020年に影響を受けたが、2021年には完全に回復する見込である。

歪センシングが予測期間に最速成長アプリケーション
分布歪センサ向け分布光ファイバセンサ市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。歪センシングアプリケーション向け分布光ファイバセンサ市場の成長は、ダムやパイプラインなどのインフラストラクチャ開発でアプリケーションが増加しているためである。このようなインフラストラクチャでは、リスクが発生しやすい場所を正確に指摘するために地盤の移動や脅威の検出が重要である。石油&ガス、インフラストラクチャ業種における歪センシングアプリケーション向け分布光ファイバセンサの利用増は、上記アプリケーション向け市場成長の主因の1つでもある。世界的に増加するインフラストラクチャプロジェクトが歪センシングに機会を与えている。

インフラストラクチャ業種が予測期間に最速成長市場
インフラストラクチャ業種向けの分布光ファイバセンサ市場は、予測期間に最速成長の見込である。この業種向け市場は、最速ペースで成長すると予測されている。鉄道、建物、橋梁、トネル&パイプライン、ダム、道路、地盤工学、歴史的建造物の構造的健全性モニタリングの必要性が増加しているためである。さらに、光ファイバケーブルは、ダムやパイプラインと機械的に結合するように設計できる。これは、光ケーブルに組み込まれた分布センサにより実施される。主に中国やAPAC地域におけるインフラストラクチャ開発の増加が市場に機会を与えている。

APACが最速成長率
APAC市場は、2021-2026年の間に最高率で成長すると予測されている。グローバル市場プレイヤは、中国、日本,インド、インドネシアなどの国々からの分布光ファイバセンサ需要増を経験している。中国やインドなどの国々の政府が分布光ファイバセンサに巨額投資しており、これがAPACにおける市場の成長を後押ししている。さらに、拡大する都市化、可処分所得の増加、置き替え需要、厳しい安全規制、技術革新も、APACにおける分布光ファイバセンサ需要増に寄与している。