All about Photonics

Business/Market 詳細

SmartNICsとともに25GbE、50GbE、100GbE NICs増加

ethernet-nics

September, 27, 2021, San Francisco--Crehan Researchによると、2019年比でデータセンタ顧客が導入したサーバクラスEthernetネットワークカード(NIC)は700万ポート多かった。新規導入のほとんどは、25GbE、50GbE、100GbE NICsだった。これは、SmartNIC採用の力強い増加と相俟って、収益の伸びを同年の堅調な出荷増を上回るレベルに押し上げた。

SmartNICsとともに25GbE、50GbE、および100GbE NICsの力強い業績でもCrehanのレポートは、これらの技術がほとんど、まだ採用の初期段階にあり、今後の成長に多年を要すると指摘している。

「さらなる帯域を必要とするアプリケーションを多く導入しいるユーザが増えており、それが高速で、よりスマートなサーバクラスEthernet NICsの力強い需要を牽引している。需要の加速に寄与するパンデミック特有の要因はあるが、まだ、サーバクラスEthernet NIC導入増を継続して促進する長期トレンドが存在する」とCrehan Researchの社長、Seamus Crehanは分析している。

CrehanのServer-Class Ethernet Adapter & LOM/Controller (NIC)レポートの他の注目すべき結果
・200GbE NICsは、2020年に出荷が始まり、現在NVIDIAが数量を牽引している。
・100GbE NICsは、2020年下半期に特に強力だった。これにはFacebookのZionなど、人工知能(AI)ワークロード向けのサーバプラットフォームの登場が寄与。ブロードコムとNVIDIAは、この強力な100GbE NIC成長の立役者である。
・Intelは2020年、全サーバクラスEthernet NIC出荷の大半を占めた。

「われわれは、増加するサーバクラスEthernet NICイノベーションの時代に入っている。ベンダやデータセンタオペレータが、AI、5G、エッジコンピューティング、ディスアグリゲートコンピュートやネットワーキングなどの分野から来る帯域需要の新たなベクトルに対処する種々の創造的な方法を探しているからである」とCrehanは説明している。
(詳細は、https://www.convergedigest.com/)