All about Photonics

Business/Market 詳細

2021年、TVパネル市場でOLEDパネル普及率3%に

20210805_095412_0805_dr-電視面板

September, 24, 2021, Taipei--TrendForceの調査によると、TVメーカーの積極的な調達活動により、1H21の世界のTVパネル出荷は、前年比3.5%増、記録的な1億3520万ピースに達した。特にハイエンドOLED TVパネルと8K LCD TVパネルは、正反対の動きを示した。
 OLED TVパネル製品カテゴリは、1H21に市場シェア2.6%(この先、さらなる成長の余地)に達した。これはLGDの製造能力拡大、OLEDパネル価格とLCDパネル価格のギャップが狭まったためである。一方、LCD TVパネルの市場シェアは1H21にわずか0.2%に落ち込んだ。これらのパネルの歩留まりが悪いため、パネルサプライヤが8K LCD TVパネルの製造に乗り気でないためである。

TrendForceの調査によると、中国のパネルサプライヤは、増え続ける製造ライン数により、TVパネル市場におけるシェア58.3%達成可能である。これは、同サプライヤの1H20市場シェアよりも約5%増だった。逆に台湾サプライヤは、1H21には1H20レベルよりも2.2%のシェア落ち込みだった。この落ち込みは、製造能力の制約によるものであり、またTVパネル製造能力の一部をIT製品に再配置したためである。韓国サプライヤは、SDCが韓国のLCDファブLCD fabs L7-2 と L8-1-2を閉め、蘇州の8.5ファブをCSOTに売却後、同様に、14.3%の市場シェア減となった。日本のサプライヤの市場シェアは、6.3%増、これはSDPCのGen 10.5製造能力拡大の結果である。

相対的にハイエンド製品であるOLED TVパネルに関しては、LGDが唯一のサプライヤである。LGDは、広州OLEDパネルファブの製造能力を拡大しただけでなく、TV分野の同社の顧客も、OLEDパネル価格とLCDパネル価格差縮小を考慮して、OLEDパネル調達を増やす意向だった。したがってTVパネル市場におけるOLEDパネルの普及率は、1H21に2.6%に増加した。同期間に約355万6000 pcs出荷されたためである。さらに、広州ファブのOLEDパネル製造能力が2Q21に月産9000万シートに達したことから、TrendForceは、2021年の年間OLED TVパネル出荷は、800万 pcs、TVパネル市場全体で普及率3%と予測している。

一方、8K LCD TVは、1H21にTVパネル市場で普及率はわずか0.2%だった。パネルサプライヤの利益と歩留まり最大化についての懸念により、これらの製品の製造意欲が低いためである。需要側では、クライアントもこれらのパネル調達意欲は低い、供給側の見積価格が高いためである。パネルサプライヤに関して、特にCSOTは、顧客基盤の固有の構造から利益を得ており、これにより同社は8K LCD TVパネル市場の半分以上を占めている、AUOが2番手。CSOTとAUOそれぞれの市場シェアは、現在、54.4%と22.6%。TrendForceの予測では、2021年、8K LCD TVパネルの普及率は0.2%。これらの製品の成長は、相対的に高い価格と現状の8Kコンテンツ不足に制約されている。
(詳細は、https://trendforce.com)