All about Photonics

Business/Market 詳細

コンシューマAOC市場、2030年に9億5850万ドル

September, 15, 2021, Toronto--Allied Market Researchの調査「コンシューマアクティブ光ケーブル(AOC)、技術、コネクタタイプ、グローバル機会分析と産業予測、2021-2030」によると、世界のAOC市場規模は、2020年に1億4150万ドル、2021-2030年にCAGR 22.1%成長で、2030年に9億5850万ドルに達する見込である。
 予測期間における世界のコンシューマAOC市場の主要貢献者はAPAC、これに北米、ヨーロッパが続いている。

AOCは、ケーブルのパフォーマンス向上のためにコネクタ間に光ファイバを使う配線技術。コンシューマアプリケーションでは、これらのケーブルは、主にオーディオ-ビデオ接続、ネットワーク接続に利用されている。端末の助けによりこれらのケーブルは、短尺から長尺に拡張でき、多数の接続を除去てする。

世界のコンシューマAOC産業は、予測期間に大きく成長すると見られている。コンシューマAOC市場における大きな影響に含まれるのは、高帯域要求の増加、中国にあける接続性向上に向けた政府の投資増。VOD普及増、ビデオ会議、ゲーミング、ホーム監視サービス、4Kや高解像度ディスプレイ需要の激増。

しかし、AOCに関する高い初期投資、光ネットワークセキュリティにおけるハッキング脅威が、コンシューマAOC市場の成長を阻害すると見られている。逆に、光ファイバ技術の進歩が市場の成長に採算のとれる機会を提供すると見られている。これらの要素の各々は、予測期間に市場に確実な影響を与える見通しである。

コンシューマAOC市場は、技術、コネクタタイプ、地域で分けられている。技術では、市場は、InfiniBand, Ethernet, HDMI, DisplayPort, and USBに分類されている。コネクタタイプでは、市場はCFP、SFPおよびその他に分けられている。

地域では、コンシューマAOC市場トレンドは、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAで分析されている。北米が、2020年のグローバル市場で優勢。また、予測期間に、収益ベースでは北米が市場優位となる見込。これは、HPC、パーソナルコンピュータ、デジタルサイネージ、コンシューマエレクトロニクス需要増によるものである。

さらに、同地域におけるクラウド、ビデオおよび他のアプリケーションの高需要が、北米におけるコンシューマAOC成長の要因。ヨーロッパは、グローバル市場で際立つシェアを獲得しており、予測期間に大きく成長する見込である。ヨーロッパ地域では次世代スマートTVsの普及増、イターネットでHDビデオコンテンツがコンシューマアプリケーションでAOCs需要を後押ししている。

調査の要点
・HDMIセグメントが予測期間に最も高収益セグメントとなる見込。
・APACと北米を合わせて、2020年、コンシューマAOC市場シェアの59.75%を占めた。
・CFPセグメントが予測期間に最高成長率となる見込である。
・2020年、APACでは中国が主要なシェアホールだーであり、約41.06%のシェアだった。