All about Photonics

Business/Market 詳細

マシンビジョン市場、2026年に155億ドル

September, 10, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「マシンビジョン市場、COVID-19の影響、導入(一般&ロボットセル)、コンポーネント(ハードウエアとソフトウエア)、製品(PCベースおよびスマートカメラベース)、アプリケーション、エンドユーザ産業、地域、2026年までの予測」によると、マシンビジョン市場は、2021年に110億ドル、今後CAGR 7.0%成長で2026年に155億ドルに達する見込である。
 品質検査やオートメーション向け需要増、非従来型および新興アプリケーションにおけるマシンビジョンシステム需要の増加、ビジョン誘導ロボット向け需要の増加が市場の成長を牽引する主因。同様に、産業オートメーションを支持する政府の取り組み、エッジデバイスへのAI組み込みがマシンビジョン市場のプレイヤに利益の上がる機会を作り出すと予想されている。とは言え、産業マシンロボットやデバイスに関連するセキュリティ懸念が、市場成長を制約するとも考えられている。

ソフトウエアが、予測期間に最高CAGRで成長の見込
 ソフトウエアは、予測期間に高いCAGR成長が見込まれている。ソフトウエアは、従来型ソフトウエアとディープラーニングソフトウエアに分けられている。一連の産業マシンビジョンソフトウエアにおけるソフトウエアツールは、製造ラインとカメラのインタフェースになる。一般に、古いタイプのカメラはクローズドシステムを使用する、つまり同じサプライヤからのソフトウエアだけが導入可能。このアプローチは、カスタマイズ、柔軟性、拡張性を必要とする最新のオートメーションプログラマーと直接対立する。Linux OS搭載スマートカメラを導入することで、プログラマーは、ビジョンシステムの生産性を低コストで最大化できる。

導入では、汎用マシンビジョンが2026年までの市場で大きなシェア
 汎用マシンビジョンシステムは、アセンブリラインに下りてくると、自動的に写真を撮り、材料を正確に検査する。これらのカメラは、アセンブリライン固定にでき、一般に、エレクトロニクス、食品加工、製薬、パッケージング、自動車を含む様々な産業で、品質保証、並べ替え、材料ハンドリングに使える。また、基準以下の製品を除去する経済的な方法を提供する。マシンビジョンカメラは、複数の製品パラメタの検査に使われている。形状、位置、パッケージング、ラベリング、シールの完全性などが含まれる。

スマートカメラベースビジョンシステムの市場は、2026年までに高成長を予測
 PCベースシステムが市場で優位を占めている。PCベースのマシンビジョンシステムが、スマートカメラベースのシステムよりも処理能力が大きく、複雑なオペレーションを比較的迅速に取り扱えるからである。また、スマートカメラベースのシステムとは違い、PCベースマシンビジョンシステムはアップグレード性が高く、コンポーネントを簡単に替えることができる。

品質保証と検査が予測期間に最大市場シェア
 品質保証と検査アプリケーション向け産業マシンビジョン市場の成長を後押しする主因に含まれるのは、高品質製品需要の増加、製造能力の成長、熟練労働の不足。システムは、多くの分野で製造の完全性も検査する。食品および製薬産業では製品とパッケージの一致確認、安全シール、キャップ、ボトルのリングのチェック。しかし半導体やエレクトロニクス企業は、製品の品質チェック、製造工程のスピードアップでは視覚検査技術に大きく依存している。

食品とパッケージング産業が2026年に最大シェア
 酪農業は、食品分野で最も自動化された産業である。原材料、つまりミルクはまとめて取り扱われる。したがって、この産業は、乾燥成分添加工程でヒューマンエラーの可能性を最小化するためにマシンビジョンシステムの利用が増加している。また、食品産業は極めて労働集約的である。つまり、低い品質制御や事故になり得る。品質保証と検査を行い、労働コスト最小化、効率向上のために、食品とパッケージング産業では、マシンビジョンシステムの導入が最高率になると見られている。COVID-19後、パッケージ製品の需要が増加、したがって食品産業の供給維持のために、製造当たりのマシンビジョンシステム採用が増加している。

APACが予測期間に最大市場シェア
 APACは、コンピュータビジョン市場におけるAIで最高CAGR成長が見込まれている。中国、日本、韓国などの国々は、APAC市場の主要貢献者と見られている。増え続ける製造が、主に中国の経済発展に貢献し、一方でインドではIndustry 4.0や様々なアプリケーションで増え続けるオートメーション向けの先進的製造技術の組み込み要求の増加がAPACにおけるマシンビジョンの著しい成長に貢献している。加えて、APACにおけるコンシューマエレクトロニクス企業間の熾烈な競争が、同地域でマシンビジョンシステム採用を促進すると見られている。