All about Photonics

Business/Market 詳細

北米Li-Fi市場規模、2020-2030年にCAGR 55%成長

September, 9, 2021, Maharashtra--Graphical Research Reportは、北米Li-Fi市場規模は、2019年に2000万ドル、2020-2030年にCAGR 55%成長すると予測している。
この業種の成長は、オフィスや事業所で接続デバイスの利用が増えているためである。Li-Fiによりユーザは、高速にインターネットを使え、事業の生産性を高めることができる。Li-Fiは、既存のRFからの干渉を受けることなく、大容量データを転送できるので屋内ネットワーキングでの採用が急速に進んでいる。Li-Fiネットワークは、可視光スペクトルを使ってデータを送受し、Wi-Fiの補完技術としても利用可能である。

北米Li-Fi業は、2020年、2021年、成長は緩慢だが着実であった。緩慢な成長の原因は、急速な失業の増加、事業成長の低迷、可処分所得の減少。COVID-19パンデミックの影響拡大により、同地域のコンシューマは高価で先進的な技術の採用を遅らせ、Li-Fi技術の成長率を妨げた。しかし、同地域の市場は、2021年、経済の回復にともないペースを上げつつある。

RFなしで動作するLi-Fiシステムの能力が、北米の病院、ヘルスケア施設で採用を促進している。RFによる電磁放射が患者の健康リスクの要因になる。Li-Fi対応デバイスで利用する可視光スペクトルは、こうした健康リスクを取り除き、患者や医者に安全&セキュアな高速インターネット接続を提供する。Li-Fiは、病院の医療装置や機械のリアルタイムトラッキングに薬剤師による利用が増加している。

北米市場、コンポーネント
Li-Fi技術ではマイクロコントローラの需要が伸びている。需要の伸びは、エレクトロニクスコンポーネントの微小化上昇傾向によるものである。小さなマイクロコントローラチップや集積回路の導入が、Li-Fi対応デバイスの大規模導入を容易にしている。これらのコンポーネントの価格低下と結びついた電子コンポーネントメーカーの存在感の高まりが、そのセグメントの成長の原動力になる。

アプリケーションごとの北米市場
航空&航空宇宙分野における機内接続需要の増加が、これら産業におけるLi-Fiアプリケーションをサポートしている。機内エンタテーメントシステムを変革し、キャビン&機体設計を変革するLi-Fi通信システムの可能性が、この領域でLi-Fi採用を後押ししている。加えて、Li-Fiは極めて安全な通信法である。パイロットがナビゲーション&地上通信目的で使用するワイヤレスネットワークと干渉しないからである。
(詳細は、https://www.graphicalresearch.com/)