All about Photonics

Business/Market 詳細

顕微鏡市場、2028年に175億ドル

September, 7, 2021, Portland--Grand View Researchの調査によると、顕微鏡世界市場規模は、予測期間にCAGR 7.93%成長で2028年には175億ドルに達する見込である。
 ヘルスケア分野、急成長する半導体産業からの強力な需要が市場の成長を押し上げる主因。さらに、研究活動を促進する顕微鏡の定着が顕微鏡需要を後押ししている。ナノサイエンス、ライフサイエンス、ナノテクノロジー、半導体など、増え続けるR&Dアプリケーション重視が、超解像度顕微鏡の採用を増やすと予測されている。

これらのデバイスは、10nmの解像度であり、細胞のシグナリング経路の研究、ガン細胞増殖の研究では、これは必然的に求められるところである。顕微鏡の最も重要なアプリケーションの一つは、外科的介入にある。拡大イメージングシステムは、処置の成功を改善するためにガンやナノサイエンス外科処置で需要急増となっている。主要な市場プレイヤは、専用の顕微鏡手術製品、脊髄、頭蓋、他の分野横断手術向けの製品開発を重視している。

さらに、Carl Zeiss MicroscopyとUC Berkeley間の公私提携は、バークリー脳顕微鏡イノベーションセンタ(BrainMIC)のサポートで560万ドルの価値があり、市場の成長にプラスの影響を与えると見られている。精密製造産業による顕微鏡開発への増え続ける投資、選択が市場成長を促進すると予想されている。とは言え、2020年第2四半期、ほとんどの企業のサプライチェーンに影響を与えたCOVID-19のために、各社は収益減を報告している。

顕微鏡市場のハイライト
・電子顕微鏡は、2020年の最大製品セグメント。これは、ライフサイエンスや材料科学など広い範囲にアプリケーションがあるため。
・光学製品セグメントは、採用率が高いために、2020年に二番目に大きな収益シェアだった。
・ライフサイエンスアプリケーションセグメントは、様々な病気の診断に広い製品アプリケーションがあるため、2020年、市場で優位を占めた。
・APACは、2020年優勢な地域市場であり、2021-2028年に最速CAGRでさらに成長する見込みである。
・この成長は、R&Dへの巨額投資、主要メーカーによる製品イノベーション、研究&教育機関に顕微鏡センタが確立されたことによるもので、これが製品需要を促進した。
・市場のメーカーは、最新技術の統合による製品イノベーション、M&Aによる地理的拡大などの戦略を採用しつつある。
・例えば、2020年10月、Bruker Gorpは、Vutara VXL 超解像度蛍光顕微鏡を発売した。
・それは、ナノスケールの生体イメージング向けに設計されており、ナノレベルの細胞生物学、特に空間オミクスイメージング分野の研究を改善できる。
(詳細は、https://www.grandviewresearch.com)