All about Photonics

Business/Market 詳細

indie Semiconductor、TeraXionを買収

September, 6, 2021--indie Semiconductor, Incは、TeraXion Inc.買収で最終合意に達したと発表した。この買収は、ADASや自律走行車をカバーする多数のセンサ様式の半導体とソフトウエアレベルソリューションプロバイダになるというindieの考えが加速されることになる。

TeraXionは、2000年設立以来、ハイパフォーマンスアプリケーションに対処するローノイズレーザ、ブラッググレーティングや集積フォトニック素子を製造している。最近では、TeraXionは、indieの光センシングレファランスデザインパートナーとなりLiDAR向け、次世代周波数変調連続波(FMCW)システムをサポートしている。

「自律走行車の最高レベルの安全性達成におけるLiDARの重要な役割を考えると、当社はTeraXionの世界トップクラスの設計チームを歓迎し、同社の差別化されたIPと製品ポートフォリオの統合を喜んでいる」とindieのCEO/共同創始者、Donald McClymontはコメントしている。「特にTeraXionは、レーザ技術に秀でており、当社のSoCソリューションとともに最適化することで、システムパフォーマンスとコストの両方で桁違いの改善が可能になる。したがって、この高いシナジー的組合せは、共通のビジョンと強力なカルチャー適合性に立脚して、indieは、LiDARプラットフォームの大量市場導入を加速することになる」。

indieは、LiDAR向け破壊的半導体ソフトウエアソリューションの最前線にあり、顧客は差別化されたプラットフォームを実現できるようになる。これは、次世代運転者支援システム(ADAS)を促進し、究極的には真の自動運転の実現に貢献する。indieは、全体的なシステムアプローチにより、包括的でコスト効果の優れたアーキテクチャという市場ニーズに対処する。これは、安全の範囲を強化し、今の段階で未来の車輌の約束実現に寄与する。2021年3月の市場レポートによると、世界の自動車LiDARセグメントは、2020年ベースでCAGR 28%成長し、2027年には32億ドルに達する見込である。

2021年8月30日indieの株式終値に基づいて、indieはTeraXionに1億5900万ドル支払う。8000万ドルは現金、固定数800のindie Class A普通株の構成。取引は、2021年第4四半期に完了する見込である。
(詳細は、https://www.teraxion.com/)