All about Photonics

Business/Market 詳細

2021年世界のスマートマニュファクチャリング収益、3050億ドル

September, 3, 2021, Taipei--TrendForceの調査によると、世界のスマートマニュファクチャリング市場は、年間収益が2021年の3050億ドルから、CAGR 10.5%成長で2025年には4500億ドルに達する見込である。
 この成長は複数の要素によるもので、それに含まれるのは企業のデジタルトランスフォーメーション取り組みの加速、産業オートメーションとWFHアプリケーション急増、5G、先進的AI、他の付加価値サービスの出現。

2022年を見越してTrendForceは、スマートマニュファクチャリング展望は、製造業自体の改善というような保守的な戦略から、産業の製造能力と効率拡大、同時にエネルギー消費と二酸化炭素排出低減に進化したと見ている。これらの利点は、スマートマニュファクチャリング市場の成長を押し進める主要原動力となる見込である。

スマートマニュファクチャリング開発は今後、5G、エッジコンピューティング、CO2削減を中心に展開
 スマートマニュファクチャリングの基本的な特徴は、バーチャルデータとリアルな物理的装置を組み合わせた即時のフィードバック提供能力にある。したがって、低遅延、高セキュリティ、高速コンピューティングパワーが、スマートマニュファクチャリング展開では、ますます重要になっている。スマートマニュファクチャリングは、エッジコンピューティング、5Gアプリケーションを中心に展開する。ここには、AR/VR、マシンビジョン、デジタルツイン、予測保守が含まれ、その全てが、スマートマニュファクチャリングにより大幅な機能アップグレードを経験する。

スマートマニュファクチャリング価値連鎖は歴史的に世界中の様々な業種をカバーするが、スマートマニュファクチャリングの国内製造への復帰、構造的転換など最近のトレンドは、サプライチェーン短縮、地方化オペレーションの増加となっている。これらの展開は、最近のマイクロファクトリーの急増につながっている。TrendForceの調査では、高度なオートメーションと分析精度に加えて、マイクロファクトリーは、製造成果の改善とともに、資源消費の最小化、柔軟なサプライチェーン、無駄のない人員配置、低い初期コストなどの利点をもたらす。マイクロファクトリーは、こうした利点により、世界的な自動車やエレクトロニクス産業に利用が広がっている。
(詳細は、https://www.trendforce.com/)