All about Photonics

Business/Market 詳細

米国AR/VR市場、40%を超える高成長で2030年に1347億6000万ドル

September, 3, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「AR/VR市場、コンポーネント、アプリケーション、エンタプライズ規模、産業業種、2021-2030年の機会分析と産業予測」によると、米国AR/VR市場規模は、2020年の43億9000万ドルから、2021-2030にCAGR 41.6%成長で、2030年に1347億6000万ドルに達する見込である。

ARとVRソリューションは、デジタル没入ユーザエクスペリアンス提供のために使われ、エンタテーメントやビジネスアプリケーションで利用できる。VRは、マルチセンサコンピュータ生成エクスペリアンスの広範な用語であり、これによりユーザはシミュレートした環境を経験し、相互作用することができる。一方、拡張現実(AR)は、デジタル生成知覚的オーバーレイを利用して現実世界を強化する。さらに、市場成長を促進する主因に含まれるのは、AR市場への投資増。また、スマートフォン&モバイルゲーミングの急速な普及が、米国におけるAR/VR市場の成長を押し上げている。加えて、教育におけるAR/VRソリューション採用増が、市場の成長にプラスの影響を与えている。しかし、AR関連のセキュリティとプライバシー問題が、米国におけるAR/VR市場の成長の阻害要因と見なされている。反対に、娯楽やテーマパーク、商用アプリケーション、他の場所でのVRヘッドセット利用の急増が、予測期間に、米国AR/VR市場の拡大で利益の出る機会を提供すると見られている。

業界業種では、ゲーミングセグメントが最大AR/VRシェアであり、この先数年、その優位性は維持される見込である。仮想現実、拡張現実、3D&4Dグラフィックスを含むゲーミング技術の採用が増加しているためである。さらに、AR/VRは、リアルタイムモーションクリエーション、環境&照明機能、フォトリアリスティックパックショット、雑音低減を備えたリアリスティックグラフィックスを拡大し、ビデオグラフィックアプリケーションは、若者の間でハイレベルゲーミングエクスペリアンス要求を高めている。しかし、ヘルスケアセグメントに最高成長が見込まれている。超音波プローブや患者の内部の可視化など様々な医療処置で必要性が増加しているためである。さらに、VR&AR Associationのデジタルヘルス委員会メンバーの発言によると、病院は臨床シミュレーション向けの予算を増やしてVR/AR装置購入を促進しようとしている、

調査の要点shelnick
・コンポーネントでは、ソリューションセグメントが2020年、米国AR/VR市場で最大シェア
・アプリケーションでは、ヘルスケアセグメントが予測期間に大きな成長する見込である。

(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)