All about Photonics

Business/Market 詳細

2Q 2021、ディスアグリゲートDWDM装置市場、36%に

September, 1, 2021, Redwood City--DellOro Groupの調査によると、ディスアグリゲートDWDMシステムの収益が、2021年2Qに、より広い光トランスポート市場をしのぎ、前年比36%に成長、それに対してWDM市場全体は、前年同期比でほぼ不変だった。力強い四半期の結果、ディスアグリゲートDWDMシステムの予測は一段と上昇した。

「ディスアグリゲートDWDMシステムは、より広範な市場を上回り、このプラットフォームタイプの採用増加を示している」とDellOro GroupのVP、Jimmy Yuはコメントしている。「実際、われわれが見ているところでは、トランスポンダユニットがラインシステムから独立になっているこのタイプのプラットフォームアーキテクチャは、インターネットコンテンツプロバイダを超えて広く受け容れられている。また、それは、もはや単にメトロアプリケーションではない。最近、最高成長率は、長距離アプリケーションから来ている」と同氏は付け加えている。

2Q 2021調査のハイライト
・ディスアグリケートトランスポンダユニットの収益シェアで上位メーカーは、Ciena、Infinera、Cisco。
・高速へ移行する差し迫った必要性では、より高性能のトランスポンダ技術が、ディスアグリゲートトランスポンダユニットを使用する主要原動力の一つ。その結果、400+Gbps波長が、これらのシステムで最速成長ラインスピードだった。
・ディスアグリゲートトランスポンダユニットの展望は、上昇した。ハイパースケーラー以外で採用率が高いからである。この装置タイプの予測収益は、今年20億ドルを超えるとDellOro Groupは見ている。