All about Photonics

Business/Market 詳細

分布光ファイバセンサ市場、2026年に15億ドル

August, 30, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「分布光ファイバセンサ市場、COVID-19の影響分析、ファイバタイプ(SMF、MMF)、散乱プロセス、運用原理(OTDR、OFDR)、アプリケーション(温度、音響、歪)、業種と地域、2026年までのグローバル予測」によると、2021年の9億ドルから、2021-2026年にCAGR 9.7%成長で2026年に15億ドルに達する見込である。
 石油とガス、インフラストラクチャ、安全とセキュリティ業種で分布光ファイバの採用増が、今後この市場の需要を促進し、分布光ファイバセンサ市場の成長で重要な役割を担うと見られている。様々な工程における生産性、効率、安全性要求を満たための急速なデジタル化と自動化、パイプラインモニタリング、構造健全性モニタリング、国境の監視と管理などで分布センサの採用増が分布光ファイバセンサ市場の成長を後押ししている。

2020年、主にCOVID-19の影響で、市場は落ち込んだ。サプライチェーンが、破壊された。これは様々な政府がロックダウン課したこと、旅行制限によりこれらの産業における労働力不足によるものである。これが、ファイバオプティクセンサ市場に影響を与えた。市場は2020年に影響を受けたが、2021年には完全に回復すると予測されている。

歪センシングが最速成長アプリケーション
 分布歪センサ向け分布ファイバオプティクセンサ市場は、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。歪センシングアプリケーション向けの分布ファイバオプティクセンサ市場の成長は、ダムやパイプラインなどのインフラストラクチャ開発でアプリケーションが増加しているためである。このような場所では、地盤移動や脅威の検出に歪センサは需要であり、リスクが発生しやすい場所を特定できる。石油&ガスおよびインフラストラクチャ業種で歪センシング向け分布ファイバオプティクセンサの利用増は、上記アプリケーション向けの翅鞘の成長を促進する主因の一つである。世界的なインフラストラクチャプロジェクトの増加が、歪センシングアプリケーションに機会を与えている。

インフラストラクチャ業種が予測期間に最速成長市場
インフラストラクチャ業種向けの分布光ファイバセンサ市場は、予測期間に最速成長が見込まれている。この業種向けの市場は、最高ペースで成長する見通しである。主に、鉄道、建物、橋梁、トネル&パイプライン、ダム、道路、地盤工学、歴史的建造物向けの構造健全性モニタリングの必要性増加のためである。さらにファイバオプティクケーブルは設計的に、ダムやパイプラインなどの構造物に機械的に組みこめる。これは、光ケーブル組み込み分布センサにより行われる。主に中国、APAC地域におけるインフラストラクチャ開発プロジェクトの増加が、市場にチャンスを与えている。

APACは最高成長率の見込
2021-2026年APAC市場は最高成長率が予測されている。世界の市場プレイヤは、中国、日本、インド、インドネシアなどの国々で分布光ファイバセンサの需要増を経験する見込である。中国やインドなどの諸国の政府による分布光ファイバセンサへの巨額投資もAPACにおける市場の成長を後押しする。さらに、都市化の進捗、可処分所得の増加、置き替え需要、厳しい安全規制、技術イノベーションなどがAPACにおける分布ファイバオプティクセンサ需要促進に貢献する。