All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の宇宙ベースレーザ通信市場、2031年に41億ドル超

2

July, 7, 2021, Amsterdam--ASD Reportsの調査によると,宇宙ベースレーザ通信市場は、2031年には、41億710万ドルに達する見込である。同調査によると、市場は予測期間にCAGR 26.98%で成長する見込である。

宇宙ベースレーザ通信は,フリースペース光通信(FSO)としても知られており、自由空間における光伝搬による光通信技術を利用し、データを通信ネットワーキングまたはコンピュータネットワーキングにワイヤレス送信する。宇宙ベース通信の利点は、衛星や量子カギ配信(QKD)チャネルによる大規模通信などに、ビジネスチャンスがある。宇宙ベースレーザ通信技術は、技術的に可能なソリューションとして証明されているので,様々なアプリケーションへの道が開かれている。

主席アナリストNilopal Ojhaは、「宇宙間、宇宙と地上間のための宇宙ベースレーザ通信の潜在市場は、レーザ端局の成熟が進み、コストが下がることで新たな高水準に達する見込である。さらに、宇宙ベースレーザ通信は、次世代宇宙通信インフラストラクチャのための不可欠の技術である。したがって、市場は、2021-2031の予測期間に大きく成長する見込である」と分析している。
(詳細は, https://www.asdreports.com)