All about Photonics

Business/Market 詳細

光電センサ市場、2027年に20億ドル超

July, 1, 2021, Delware--Global Market Insights, Inc.のレポートによると、光電センサ市場規模は、2027年に20億ドルを超える見込である。

商用分野とともに住宅におけるビルのオートメーションシステム普及が市場の成長を促進すると予測されている。スマートセキュリティシステム、HVACコントロール、照明制御、空気品質モニタ、煙検出などのビルオートメーションシステムには、先端の光電センサが大規模に組み込まれている。これらのセンサは、ビルのオートメーション機器における、リアルタイム制御、セキュリティ向上、快適性向上、高いエネルギー効率達成に役立つ。新しい空港、地下鉄の駅、商用タワーなど進行中の巨大プロジェクトが、ビルオートメーションシステム需要を促進し、さらに市場の拡大を後押しする。

光電センサに関連する高い保守コストが市場の拡大を阻止する主因。時間の経過とともに、センサに導入された光電レンズが汚染され、頻繁な検査と置き替えが必要になるので、センサの保守コストが増える。光電センシングの範囲は、標的対象の反射と色の影響を受けるので、感度と計測精度低下になる。これに加えて、光電センサは、離れた場所に送信器と受信器を装備しているので、導入が複雑になり、結果的にシステムコスト上昇になる。これらの要素は、産業全体の成長を阻害している。

光電フォークセンサセグメントは、2020年、収益シェア25%、2027年までに7%を超える成長が見込まれている。パーキング&物流アプリケーションで光電フォークセンサの採用が増加するためである。光電フォークセンサは、高速物体検出、非接触インタフェース、簡素な導入、低コストアセンブリなど、いくつかのハイエンド機能を提供する。これらのセンサは、物体、機械部品、コンベアやトローリなどトランスポーテーションシステムの信頼度の高い経路を提供する。市場プレイヤは、センサ提供品へのワイヤレス技術の組込に重点を置き、産業の拡大をさらに助長しようとしている。

スルービームセンサにおける技術的進歩が、業界の進歩を促進
 スルービームセンサセグメントが、2020年市場シェア30%を獲得、これは、産業アプリケーションに適した精密近接測定と短い応答時間の後押しによるものである。スルービームセンサは、個別の送信および受信端を集積しており、これによりエラーマージン低下、高精度、高精密計測が可能になる。ASIC技術組込など、スルービームセンサの技術的進歩が、さらにその産業の収益をサポートする。

産業分野におけるAGVs増加が、1,001 mm – 10,000 mmセグメントをサポート
 1,001 mm – 10,000 mm範囲セグメントは、2020年収益シェアが30%だった。成長は、産業分野の無人搬送車(AGVs)で、1,001 mm – 10,000 mmセンシング範囲の光電センサの採用が増加したためである。AGVsと可動自律ロボットは、工場における衝突や事故を回避するために長い伝送距離を必要とする。これらのロボットの普及は、予測期間において産業規模にさらに影響を及ぼす。

レーザビームによる長距離センシングが新規市場を開く
 レーザビームセグメントは、2027年までCAGR 9%超で成長する見込である。これは、光電センサのレーザビーム光源によって可能になった高精度、長距離センシング機能によるものである。LEDsと違い、レーザビームは直線で進む。これにより、ビームスポットの位置が、長距離で迅速に特定できる。これは、物流分野では、自動アセンブリやパッケージングラインでの利用を増やす。集束レーザビームは、高速に動くコンベアシステムの小さな標的の高信頼検出に役立ち、予測期間に市場価値をさらに高める。

食品&飲料加工ユニット最新化が市場の需要を加速
 食品&飲料アプリケーションセグメントは、2020年の収益シェアが15%だった。2027年までCAGR 8%成長が予測されている。食品&飲料加工産業では、不純物の検出、ボトルの漏れ、ボトル搬送停止、ボトルネック阻止に光電センサが利用されている。これに加えて、これらのセンサは、汚染回避にも役立ち、製造ラインにおける食品滑り低減で衛生状態を改善する。

製薬分野の拡大が北米地域の成長に著しく影響を与えている
北米光電子センサ市場は、2020年収益シェア20%だった。これは、主要製薬メーカーが同地域に存在するからである。中でもModerna, Inc., Johnson & Johnson, AbbVie, Inc., and Merck & Co., Inc。これらの企業は、ワクチンや新薬の量産を重視している。これに加えて、地域政府が製薬会社へのR&D資金提供を重視しており、これが産業価値をサポートしている。