All about Photonics

Business/Market 詳細

有機CMOSイメージセンサ市場、2028年に28億7000万ドル

June, 18, 2021, San Francisco--Allied Market Researchのレポート、「有機CMOSイメージセンサ市場、画像処理、アレイタイプ、アプリケーション、業種、2021~2028、グローバル機会分析と業界予測」によると、市場規模は、2020年に11億9000万ドル、予測期間にCAGR 12.4%で成長して、2028年に28億7000万ドルに達する見込である。北米が、予測期間に世界市場への主要貢献者、これにヨーロッパ、APACが続いている。

有機CMOSイメージセンサ世界市場は、大きな潜在性があり、新たな技術革新とアップグレードを経験している。イメージセンサ市場のプレイヤは、高分解能画像達成のための技術改善に取り組んでいる。これが、有機CMOSイメージセンサにつながり、画像歪のない8K解像度をサポートする。

世界の有機CMOSイメージセンサ市場シェアは、予測期間に大きく成長する見込である。画像品質や優れたカラーコントランスなど、有機CMOSイメージセンサが提供する要素が、世界市場拡大を後押しする。加えて、グローバルシャッタ技術などの技術の導入が有機CMOSイメージンセンサの採用を後押しすると予測されている。しかし、有機センサは、市販のイメージセンサと比べるとバッテリの枯渇が速いので、これは有機CMOSイメージセンサ市場の成長を阻害する。逆に、より広いアプリケーション、高速で安価な処理法の高い信頼度が、将来、市場の成長を後押しすると見られている。

さらに、発展途上諸国で、有機CMOSイメージセンサ製品の浸透度が高くなりそうである。特にコンシューマエレクトロニクスセグメントである。世界中で、8K解像度やグローバルシャッタが技術を含め、急激な技術導入が、有機CMOSイメージセンサ市場の成長を後押しする。

世界の有機CMOSイメージセンサ市場シェアは、画像処理、アレイタイプ、アプリケーション、業種および地域に基づいて分けられている。画像処理では、市場は、2Dセンサと3Dセンサに二分されている。アレイタイプでは、市場はリニアイメージセンサとエリアイメージセンサに分類されている。アプリケーションベースでは、市場は、3Dイメージング、ビデオ、マシンビジョン、バイオメトリクスなどに分けられている。業種では、市場は、コンシューマエレクトロニクス、自動車や、医療&ライフサイエンス、セキュリティ&監視、ロボット工学などに分けられている。

地域的には、有機CMOSイメージセンサ市場のトレンドは、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAで分析されている。北米が、2020年、最大の収益貢献者だった。しかし、2020-2028年、APACの有機CMOSイメージセンサ産業が、他の地域と比較して成長が速いと予測されている。これは、インド、中国、日本、韓国などの経済圏からの需要が増えているためである。

調査の要点
・コンシューマエレクトロニクスセグメントが、予測期間で主要な業種、これに自動車が続く。8K解像度やグローバルシャッタ技術などの技術に対する需要増が、今後の製品需要を押し上げると見られている。
・APACと北米を合わせると、2020年結城CMOSイメージセンサ市場シェアの60%以上を占めた。
・インドは、予測期間に最高成長率が見込まれている。
・USは、北米市場における主要なシェアホールダであり、2020年のシェアは、約57%だった。

主要プレイヤは、ams AG, Canon Inc, Fujifilm Holdings Corporation, NikkoIA SAS, OmniVision Technologies, Inc., Panasonic Corporation, Samsung Electronics Co. Ltd., Siemens AG, Sony Corporation, and Xenics nv.
(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)