All about Photonics

Business/Market 詳細

アクティブ光ケーブル市場、2028年に126億ドル

June, 14, 2021, San Francisco--Allied Market Researchのレポート「アクティブ光ケーブル(AOC)、技術、コネクタタイプ、アプリケーション、機械分析と2021-2028年の業界予測」によると、世界のアクティブ光ケーブル市場規模は、2019年に16億3000万ドル、2021-2028年にCAGR 27.5%成長で、2028年に126億ドルに達する見込である。

世界のアクティブ光ケーブル市場の成長は主に、データセンタにおけるアクティブ光ケーブル需要の成長、高帯域ネットワーク需要の増加が牽引している。クラウドベースアプリケーション、オーディオ&ビデオサービス、オンラインゲーミング、CATVが、高速データサービスを要求しており、これらは、AOCsの利用で容易になる。これらのケーブルは、主にデータセンタやHPCで利用される。

しかし、高速データの効率的な転送要求の増加でこれらのケーブルは、PC、デジタルサイネージ、コンシューマエレクトロニクスをカバーするアプリケーションで利用が増加中である。世界中の政府が、ネットワーク接続改善のために、AOCケーブルに投資している。とは言え、高額の初期投資や銅線ケーブルやワイヤレスブロードバンドからの置き換えリスクが、この市場の成長を制約している。しかし、ファイバオプティクス技術における進歩が、市場の成長に多くのチャンスをもたらしている。

世界のAOCケーブル市場分析によると、CDFPは最速成長コネクタであり、予測期間にCAGR 34.2%で成長する見込である。しかし、QSFPは、2019年に最高収益を生み出し6億7830万ドルに達した。

AOCは、データセンタ、HPC、PC、デジタルサイネージ、コンシューマエレクトロニクスなどで利用されている。2019年、データセンタが最高収益シェア、市場の総収益の47.3%だった。

このセグメントは、予測期間を通じて優勢が続く見込である。成長展望からは、デジタルサイネージが、AOCの最も目立つアプリケーションのようであり、予測期間に最高のCAGR 30.8%が見込まれている。これは、高帯域、多数の非圧縮ビデオストリーム要求の増加によるものである。

地域では、市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、LAMEAで分析されている。世界のAOC市場トレンドによると、北米が、2019年に最高収益、6億5620万ドルを生み出した。

この地域は、2028年までにはCAGR 25.7%成長で、44億5180万ドルの市場規模に達すると予想されている。APAC市場は成長フェーズにあり、世界のAOC市場で最速成長地域となっている。これは主に、同地域のデータセンタ数の増加、インフラストラクチャ開発によるものである。一方、LAMEAは、AOCは、導入フォーズにある。

調査の要点
・技術では、InfiniBandセグメントが、2019年世界のAOC市場で最高収益を生み出した。
・コネクタタイプでは、2019年、QSFPセグメントが、世界のAOC市場で最高収益。
・アプリケーションでは、データセンタセグメントが、2019年に世界のAOC市場で最高収益だった。

(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)