All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートグラス市場、2027年に71億3000万ドル超

June, 10, 2021, Cambridge--Global Market Insights Inc.のレポートによると、スマートグラス市場規模は、2027年に71億3000万ドルを超える見込である。

エレクトロニクス、特に宣伝目的で切替え可能グラス利用の急増が、スマートグラス市場で著しく成長すると予測されている。LCD技術、これはすでに液晶技術の確立された部分であるが、これがスマートフィルムでPDLC形式で適用される。日本、韓国、台湾、中国が、デジタルディスプレイ製造のリーダー。最高シャアは韓国、これに日本が続く。光制御グラスフィルムは、展示および、クラブや劇場などのエンタテーメントでユーザ制御ディスプレイとしてますます使われるようになっている。プロジェクションスクリーンとしての利用は、特に商用オフィスの会議室やホテルで増加が予想されている。

グリーンビルでのスマートグラス利用が未来のトレンド
2018年、エネルギー関連CO2排出は、再び1.7%増となった。ビル&建設分野は、これらの排出の28%、これは電気利用急増から2/3を超える。国際エネルギー機関によると、ビルからのCO2排出最小化には技術が重要な役割を担う、同時に快適さとサービスが改善される。推定で建設分野は、2050年までにエネルギー利用を30%程度減らすことができる。切替え可能なガラスは、この進歩で重要な役割を担う、ビルのエネルギー効率とコスト削減の両方の達成に役立つからである。

さらに、エネルギー消費を最小化するための、グリーンビルにおける光制御ガラスの利用増、複数の新規インフラストラクチャプロジェクトでその採用が、スマートグラス市場の成長を後押しする。例えば、2021年4月、SageGlassは、新規不動産プロジェクトにBagmane Groupによって選定された。SageGlassは、インドのRio business Park開発に約200万平方フィートのHarmonyエレクトロクロミックガラスを提供する。

パッシブ切替え可能ガラス技術は、2027年までCAGR 9.1%成長が予測されている。それは、電圧供給なしで、非電気刺激により光透過を制御する。パッシブ光制御グラスは、主にサングラスのような小型フォーマット設定で利用されている。それは、主に熱変色性タイプと光発色性タイプに分けられており、それぞれ熱と光に反応する。

自動車販売と高級新車でスマートグラス組込の増加がスマートグラス産業拡大を後押しする。スマートグラス市場の輸送セグメントは、2020年、約25%のシェアだった。

2027年までに、北米が大きな需要により、約22億6000万ドルを生み出すと予測されている。
(詳細は、https://www.gminsights.com/)