All about Photonics

Business/Market 詳細

3Dスキャニング世界市場急成長、2028年には98億2000万ドル

June, 9, 2021, New York--Zion Market Researchのレポート「3Dスキャニング市場、製品(レーザスキャナ、ストラクチャーライトスキャナ、光学スキャナ),範囲(ショートレンジ、中レンジ、ロングレンジ)、産業製造向け、航空宇宙&防衛、ヘルスケア、建設&エンジニアリング向け。世界の産業展望、包括的分析、2020-2028年予測」によると,世界の3Dスキャニング市場は、2020年に45億7000万ドル、2021-2028年にCAGR 14.2%成長で2028年に98億2000万ドルに達する見込である。

3Dスキャニング市場プレイヤは、安全性と耐久性を強化する技術革新に焦点を当てている。ヘルスケア施設の高度化が市場の成長を後押しする主因。進んだインフラストラクチャを持つ先進国と比べて、新興経済圏が3Dスキャニング市場に利益につながる成長機会をもたらすと見られている。

3Dスキャニング市場は、製品、距離、アプリケーション、地域に分けられている。3Dスキャニング市場の製品セグメントは、レーザスキャナ、構造化光スキャナ、光学スキャナを含む。さらに、市場は北米、ヨーロッパ、APAC、ラテンアメリカおよび中東とアフリカの5地域で分析されている。
(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com/)