All about Photonics

Business/Market 詳細

垂直農業市場規模、2027年に190億ドル

June, 3, 2021, Delaware--Global Market Insights Inc.のレポートによると、垂直農業市場規模は、2027年に190億ドルを超える見込である。

増加する世界人口と限られた耕地で食糧安全保障に関連する懸念が、垂直農業産業の成長を確実に促進している。UNによると、世界人口は、2025年に90億を超える見込である。この激増する人口に食糧を供給するには、農業労働力低下の中で食糧生産の向上が必要である。「国連食糧農業機関」(FAO)によると、2050年までに都市部が世界人口の70%を占める見込である。したがって、短期間に様々な食糧生産を行う土地を確保する競争がますます激化し、垂直農業産業の成長にプラスに影響する。

市場は、さらに、拡大する都市の密集地を利用すると予測されている。これは、伝統的な農地を放棄することで生まれる未使用部分を上回る。農民が、仕事を求めて都市に移動するからである。垂直農業は、持続可能な農業への取組であり、慢性的に食糧セキュリティ問題と闘う地域にとって有益である。激増する人口と伸び続ける食糧需要が、垂直農業市場の第1のドライバーである。

 2020年、アクアポニクスは、垂直農業市場で約10億ドルを生み出した。
 この技術関連は採算性が高いので、予測期間に需要は増加する見込である。

2027年まで、果物、野菜&ハーブ分野が、CAGR 24%で成長する見込である。

北米が垂直農業市場の30%以上を占めており、2027年に向けて成長は力強いと予測されている。
(詳細は、https://www.gminsights.com/)