All about Photonics

Business/Market 詳細

POE照明市場、2026年に9億2200万ドル

May, 31, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「パワー・オーバ・Ethernet照明市場、COVID-19の影響分析、提供品(ハードウエア、ソフトウエア、サービス)、ワット数(25Wまで、25W以上)、アプリケーション(商用、産業用)、地域、2026年までのグローバル予測」によるとPoE照明市場は、2021年の2億4300万ドルから、2026年に9億2200万ドルに達する見込である。2021-2026年、CAGR 30.6%で成長すると予測されている。
 北米が、PoE照明の最大市場シェア。一方、APACは予測期間に最高成長率が見込まれている。中国、日本、韓国、オーストラリアなどの有望市場で急速に技術と顧客ニーズが変わりつつあるためである。技術の進歩と新しいビジネスモデルの登場、地域の発展中の都市における新規の建設により、PoE照明市場は、上向きの展望を示している。活況の商用および産業分野が、APACではPoE照明の採用をさらに刺激する。そればかりか、エンドユーザ分野の増加、政府系団体からの投資増が、同地域でPoE照明市場の成長にも有利に働いている。中国は、同地域ではPoE照明の最高需要が見込まれている。

PoE照明市場で25W以上が予測期間に大きなシェア
 2020年、25W以上の市場が相対的に大きなシェアを獲得し、予測期間にCAGR高成長が見込まれている。照明用の高い入力電源デバイス需要の伸びと相俟って改善されたPoE標準が上記の市場を後押ししている。したがって、電源デバイス(PDs)に電力を供給する高出力の電源設備(PSE)に対する要求が拡大している。これがさらに、高ワット数PoE照明システム市場の成長を促進する。25W以上のPoE照明には多くの利点がある、明るさと照度の強化、直接/間接負荷増支援など。デジタル革命は、新興のPoEシステムとIoTアプリケーションの波を生み出している。照明、プラグ負荷、オフィスワークステーション、デバイス充電および他のアプリケーション。

アプリケーションでは、商用セグメントが最大シェア
2020年PoE照明市場では商用セグメントが最大シェアだった。値頃感の促進と効率向上が、商用ビルでPoE照明の利用を後押ししている。商用ビルに含まれるのは、オフィス、小売店やモール、ヘルスケア施設、教育施設、スタジアム(アリーナ)、ホスピタリティ施設。エネルギー消費の低減は、ビルオーナー、政府、公共施設、および多くのシェアホールダにとって主目的になっている。既存照明をエネルギー効率の優れた光源(例えばLED)で置き換えることは、この膨大なエネルギー利用を減らす方法の1つであるが、それは規模の小さなソリューションである。商用オフィスにおけるPoE照明ソリューションのエスカレートした需要と結びついた主要PoE照明ソリューションプロバイダの存在が、同地域の上記市場の成長を後押ししている。

APACにおけるPoE照明市場が予測期間に最高CAGRで成長
APAC地域は、予測期間中に最高CAGRで成長する見込である。また、予測期間中、PoE照明の最速成長市場とも見られている。この地域ではPoE照明市場は大きな成長可能性がある。コネクティッド照明システムが、様々なアプリケーション、特にスマートオフィス/職場で、急速に採用されているからである。

中国における照明メーカーは、北米やヨーロッパの企業と熾烈な競争に入っている。中国の都市は、コスト効果の優れた土地、優れたインフラストラクチャ、十分な労働力の完璧な混合で産業開発への投資を引き寄せている。中国は、APACにおけるPoE照明市場をリードすると予測されている。
 中国、インド、日本、韓国における急激な経済成長が、今後数年で、APAC PoE照明市場を後押しすると見られている。