All about Photonics

Business/Market 詳細

ヘルスケアAR/VR市場、2028年に95億ドル

May, 27, 2021, San Francisco--Grand View Research, Inc.によると、ヘルスケアにおける世界の拡張現実&仮想現実市場規模は、2028年に95億ドルに達する見込である。市場は、2021-2028年にCAGR 27.2%で成長すると予測されている。臨床および手術結果を改善するために、ヘルスケアシステムにおける進歩とデジタルディスラプション(創造的破壊)の進捗、ヘルスケア支出の増加、高まる効率的革新ソリューションが市場の成長に貢献している。ARとVR技術は、手術分野、シミュレーションラボ、教育や訓練、慢性痛管理で採用が広がっている。

複雑な手術数の増加が、外科医を支援するためのVRベースモデルの需要を押し上げている。ARベースアプリは、トレーニングや教育モジュール、患者ケア管理ツールなど多くの領域で利用されている。イノベータは、ベンチャーキャピタルによる投資増、確立されたプレイヤとの提携機会増という形で認識されている。例えば、2020年9月、OssoVRは、1400万ドル資金を調達し、それをVRベース手術および医療デバイストレーニングモジュール開発に利用する計画である。

ヘルスケアの様々な領域でAR/VRの採用が増加しているため、ハードウエアコンポーネントセグメントは最高採用率となる見込である。これらのデバイスはデスクトップからウエアラブルデバイス、ディスプレイデバイまである。視聴覚が重要であるため、ARとVRは教育、シミュレーション、遠隔医療、データ可視化で後半に採用されつつある。この分野における製品開発が市場の成長に貢献している。例えば、2019年2月、Philips Healthcareは、AzuirionおよびMicrosoftと協力してミックストリアリティ(MR)ソリューションを発表した。しかし、サービスセグメントは、予測期間に大きなCAGR成長が見込まれている。これは、顧客に没入型体験を実現する必要性が増加しているためである。臨床試験、心理的処置、進んだ診断、手術およびボディマッピングにおける採用増が市場の成長を支援すると見られている。

加えて、AR技術ソリューションは、外科手術、フィットネス管理、教育とトレーニング、患者ケア管理、医療イメージングで広く利用されており、より多くの機能の実装が予想されている。ARコンポーネントにおける最近の進歩がARソリューションのコストを下げ、顧客エクスペリアンスを増強している。ヘルスケアインフラストラクチャおよびITの進歩とともに病気と手術の増加が、市場の成長を後押しする原因の一部。AR技術ソリューションを利用する医療教育とトレーニングが、予測期間に最速成長領域と見られている。これは、ヘルスケアサービスへの技術取込が急速になっているためである。VR技術ソリューションは、遠隔医療、解剖の視覚化および診断で広く利用されている。加えて、医療教育における実地体験が得られるので、これが市場の成長に貢献すると予測されている。

ヘルスケア市場におけるAR/VRレポートのハイライト
・ヘルスケア分野の急速な変化とデジタル化により、市場は、予測期間を通じて成長する見込である。
・ハードウエアコンポーネントセグメントが、2020年のAR/VR世界市場で優位を占めた。トレーニング、シミュレーション、手術および診断での利用が増加したためである。
・2020年、AR技術セグメントが優位を占めた。これは、訓練、入院患者ケア管理、訓練と教育、医療イメージングで採用が増えたためである。
・北米が、2020年の市場で優位を占めた。高度なヘルスケアインフラストラクチャとヘルスケアにおけるAR/VRの利点の認識が浸透したためである。