All about Photonics

Business/Market 詳細

iXblue、Kyliaと Muquansを買収

May, 27, 2021, Paris--iXblueは、Kylia(光コンポーネントおよび測定器)と Muquans(集積量子インストルメンツ)の買収を発表した。

Kyliaは2003年設立、フランスNew Aquitaine地域Pessacおよびパリに拠点を置き、超高精度アセンブリ技術をベースにして光コンポーネントインスツルメンツを開発、製造している。同社製品は、ファイバオプティク通信、計測および宇宙分野の産業メーカーが利用している。

Muquansは、2011年設立、Talence、New Aquitain地域に拠点を置き、超高精度計測機器を専門にしており、産業スケールでレーザ冷却量子操作技術を利用する世界初の企業。同社は、このブレイクスルー技術をベースにした全範囲のソリューションを提供している。これに含まれるのは、量子重量計、原子時計、、ファイバを使った周波数伝達システム、超高性能レーザシステム。

iXblueは、2000年設立、従業員約750名、これには350名のエンジニアとドクターが含まれている。総売上高は、1億5000万ユーロ、その80%は国際的に生成されるものである。同社は、フランスに9箇所の工場用地を持ち、本社はサンジェルマンアンレ(Saint-Germain-en-Laye)。iXblueのフォトニクス部門は、宇宙、センサと計測、地球科学、ファイバレーザと高強度レーザ、通信および量子技術市場に対処できるように構成されている。

(詳細は、https://www.ixblue.com)